眠っていたiPhoneが高画質コンデジに……Lightning接続の外付けカメラ「DxO One」を試す | RBB TODAY

眠っていたiPhoneが高画質コンデジに……Lightning接続の外付けカメラ「DxO One」を試す

DxOがスマホのデジタル端子に接続できるコンパクトなカメラユニット「DxO ONE」を商品化した。日本での正式発売を前に実機をハンドリングしたレビューをご紹介しよう。

IT・デジタル スマートフォン
iPhoneにLightning直結が可能な外付けカメラ「DxO One」
  • iPhoneにLightning直結が可能な外付けカメラ「DxO One」
  • レンズカバーを開けるとLightning端子がポップアップする
  • 背面にタッチ操作に対応するモノクロLEDとSDカードスロット、USB端子を搭載
  • 天面にシャッターボタンがある
  • iPhone 7につないで使ってみる
  • 接続するとこのような見栄えになる
  • アプリを立ち上げて、スマホの画面で詳細を設定。ビューファインダーにもなる
  • コンパクトな別売のキャリングポーチ
 デジタルイメージングの画像編集ソフト、画像処理エンジンを開発するフランスのDxOは近年、デジタルカメラやスマホなどモバイル端末のカメラに搭載されているイメージセンサーの格付け評価を実施。その結果としてサイト「DxOMark」に公開しているスコア評価が、いまや大手メーカーが気にかけるほどに存在感を強めている。

 そのDxOがスマホのデジタル端子に接続できるコンパクトなカメラユニット「DxO ONE」を商品化した。先行してLightning端子を搭載するiOSデバイス対応機から発売され、今はUSB Type-Cコネクターを搭載するAndroid対応モデルにも展開を広げつつある。なおiOS版のモデルが対応する機器はiPad Pro、iPad Air、iPad mini(第2~第4世代)、iPad(第4~第5世代)、iPhone 5~iPhone X。iOSの条件は10.1以上になる。

iPhoneにLightning直結が可能な外付けカメラ「DxO One」
iPhoneにLightning直結が可能な外付けカメラ「DxO One」


 iOS版のモデルについては日本国内で下記のWebショップが並行輸入品として取り扱っている。価格は83,500円(税込)。

<ふもっふのおみせ>
https://www.fumo-shop.com/

 今回はiOS対応モデルの「DxO One」を試用する機会を得た。もともとiPhone自体が優れたカメラ機能をうたうスマホなのに、それでもDxO Oneを使う意味はあるのか、iPhone 7のカメラと画質を比べながら使ってみた。

iPhone 7につないで使ってみる
iPhone 7につないで使ってみる


接続するとこのような見栄えになる
接続するとこのような見栄えになる


 DxO Oneは最大辺が6.75cm、厚みは約2.6cm、質量は約108gというポケットサイズ。1インチの大型CMOSセンサーは解像度が20.2MP。1インチといえばソニーのRXシリーズなど高級コンデジにも採用が増えていて、解像感や階調表現力の高さ、低ノイズなど高い画質には定評がある。最大絞りF1.8、35mm判換算で32mmの固定焦点レンズを搭載。光学ズーム機能は持たないが、最大3倍までのデジタルズームに対応する。静止画はJPEGまたはRAW、動画はMOV形式で記録する。

 レンズカバーを開けると側面からLightning端子がポップアップする。iPhoneに接続して専用アプリ「DxO One」を起動するとiPhoneの画面がビューファインダーになる仕組み。カメラの本体にmicroSDカードを1枚記憶媒体として装着ができて、背面のタッチパネル付ドット液晶のモニターで大まかに構図が決められる。天面にシャッターボタンもあるので、実はDxO One単体でも撮影はできる。USB充電のバッテリーを内蔵する。

レンズカバーを開けるとLightning端子がポップアップする
レンズカバーを開けるとLightning端子がポップアップする


背面にタッチ操作に対応するモノクロLEDとSDカードスロット、USB端子を搭載
背面にタッチ操作に対応するモノクロLEDとSDカードスロット、USB端子を搭載


天面にシャッターボタンがある
天面にシャッターボタンがある


 カメラ機材としてはiPhoneと2台持ちになるが、本体がとてもコンパクトなうえ、専用アクセサリーとして発売されているキャリングポーチに入れて本体を保護しながら旅先にも気軽に持ち歩ける。今回は年初にアメリカで開催されたCESを訪れる機会にアメリカ旅行に持参してみたが、バッグのスペースをほとんど取らないので余計な煩わしさは感じなかった。

 画質についてはJPEGで撮影した静止画をiPhone 7のカメラと比べてみた。iPhone 7も暗い場所での撮影は得意としているが、DxO Oneの方が暗部の情報量は豊かだ。全体の色合いがややあっさりとした印象にはなるが、暗いところの色彩の階調感も自然に出せるし輪郭の精彩感も高い。明部の白トビもよく抑えている。

DxO Oneでラスベガスの夜景を撮影。暗部のつぶれが少なく、自然な階調感が出せている。目で見るよりもずっと明るく色鮮やかな写真が記録できる
DxO Oneでラスベガスの夜景を撮影。暗部のつぶれが少なく、自然な階調感が出せている。目で見るよりもずっと明るく色鮮やかな写真が記録できる


同じ風景をiPhone 7で撮影
同じ風景をiPhone 7で撮影


 コンパクトデジカメにありがちなレンズの樽形歪みも少ない。イベント会場に出展されていたワイヤレススピーカーを撮影してみたところ、DxO Oneの方が実物の縦横比に近いイメージが記録できた。iPhoneの写真は木目の質感が良く出ているが、すこし横幅が狭く、タテがおおきくなって太ったように見えてしまう。DxO One単体では遠くにある被写体へのズーム撮影は苦手だが、近づくことのできる被写体を撮るぶんには十分に仕事用途にも使えそうな手応えを得た。

DxO Oneでワイヤレススピーカーを撮影。縦横比が実物により近い。レンズの性能が高いことがうかがえる
DxO Oneでワイヤレススピーカーを撮影。縦横比が実物により近い


iPhone 7で同じスピーカーを撮影。左右が縮まり、上下にややストレッチしたような歪みが発生する
同じ風景をiPhone 7で撮影

《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top