NTTぷらら、「BUSINESSぷらら」にてフィルタリング&ウイルスチェックの「WEBゲートウェイ」提供開始 | RBB TODAY

NTTぷらら、「BUSINESSぷらら」にてフィルタリング&ウイルスチェックの「WEBゲートウェイ」提供開始

エンタープライズ その他

 NTTぷららは1日、一般法人向けインターネットサービス「BUSINESSぷらら」におけるWEBセキュリティサービスをリニューアルすると発表した。

 WEBサイトの閲覧規制を行うURLフィルタリングに加えて、WEBサイト閲覧の際にそのサイトに潜むウイルスの検知、感染防止を行うウイルスチェックの機能を追加した、総合的な一般法人向けWEBセキュリティサービス「WEBゲートウェイ」の提供を2日より開始する。なお同機能は基盤技術として、トレンドマイクロのURLフィルタリング製品「InterScanWebManager」、およびWebゲートウェイセキュリティ製品「InterScanWebSecuritySuite」を採用している。

 またこれまでは一種のみの規制カテゴリだったが、これを4つに増やす。これにより運用ポリシーに応じて、規制カテゴリの選択が可能になる。また規制対象のURLは、専門のURLリスト収集・分類センターにより、日本の文化・法令を考慮し、有識者の目視により確認されたものとなっている。最新の規制URLデータは、自動アップデートにより毎日更新されるとのこと。

 初期費用は無料で、URLフィルタ(5クライアントパック)が月額787円、URLフィルタ+ホームページウイルスチェック(アンチウィルス)(5クライアントパック)が月額1,575円(いずれも税込)。なお6月30日まではキャンペーンとして、サービス開始月を含む3か月間の月額利用料金が無料となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top