タレント活用広告の不適切サイトへの掲載を防止、SSUがフィルタリングツールを発売 | RBB TODAY

タレント活用広告の不適切サイトへの掲載を防止、SSUがフィルタリングツールを発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Talent Image Protection」利用イメージ
  • 「Talent Image Protection」利用イメージ
  • 不適切なオンライン広告で「出稿企業のイメージが悪くなった」割合
  • 広告出稿のうち、フィルタリング対象として検出された事例
 サニーサイドアップは11日、アドテクノロジー・マーケティング企業のMomentumとの業務提携を発表した。共同開発したフィルタリングツール「Talent Image Protection」の販売を開始する。

 リアルタイムな処理で配信されるネット広告の場合、アダルト系など、不適切なサイトやページに広告が配信されてしまい、逆にブランド毀損が発生するようなケースがある。特に、タレントを起用した広告出稿を行う広告主は、リスクを厳しく管理する必要がある。

 「Talent Image Protection」は、タレント肖像を活用した広告の不適切な出稿を防止するツール。2chまとめ、アダルトサイト、違法ダウンロードサイト等の不適切なサイトをブラックリストとして随時アップデート、配信ネットワーク設定を行う。また、広告表示ごとにリアルタイムな言語解析を行い、ネガティブな記事の場合は、広告を媒体に表示させることなくブロックする。

 Momentumは、不適切媒体への入札回避、広告表示直前のリアルタイムな広告ブロックなど、アドネットワーク広告におけるブランド価値の保護に優れた技術を持っている。これにより、公序良俗に反するサイトへの掲載除外を行うとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top