IIJ、「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を提供開始 〜セキュリティ機能3タイプの組み合わせで | RBB TODAY

IIJ、「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を提供開始 〜セキュリティ機能3タイプの組み合わせで

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は3日、Web経由での情報漏えい対策やウイルス感染対策など、Webアクセスのセキュリティ対策機能を統合的に提供する「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を開始した。

エンタープライズ その他
「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」概念図
  • 「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」概念図
 「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」は、IIJデータセンターに設置したゲートウェイサーバを介して、「Webフィルタリング機能」「アンチウイルス機能」「ログ保管/ダウンロード機能」の3つの機能を提供するアウトソーシング型サービス。 Webフィルタリングではデジタルアーツ社のi-FILTERを採用し、アンチウイルスではKaspersky Labs Japanによるウイルス検知エンジンを搭載し、それぞれの機能を提供。ログ保管/ダウンロードでは、フィルタリングやウイルスチェックにより取得した社内のWeb閲覧状況を、時間、カテゴリ、接続元IPアドレス等でリアルタイムにレポートするほか、月次報告書をPDFで提供するものとなっており、これら3つの機能を統合し、連動した運用を行うことでWebアクセスポリシーを最適化するのが狙いだ。ログには長期保管オプションが用意されており、高信頼ストレージでログを保管。2次ストレージへのバックアップも可能で、デジタルフォレンジックに対応する。

 数アカウントから数万アカウントまでと、幅広い企業規模を対象とし、規模に応じてトラフィック増や最新の脅威に対応可能。また、IIJの専門エンジニアが24時間365日体制で監視・運用を行う。なお、利用料金は、利用機能やアカウント数に応じた個別見積り。「Webフィルタリング機能」「アンチウイルス機能」「ログ保管/ダウンロード機能」すべてが提供されるタイプFV、「Webフィルタリング機能」「ログ保管/ダウンロード機能」のみのタイプF、「アンチウイルス機能」「ログ保管/ダウンロード機能」のみのタイプVの3タイプでの提供となる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top