ウイングアーク、経産省が推進する“J-SaaS”上で動く「Dr.Sum EA(集計SaaS)」を発表 | RBB TODAY

ウイングアーク、経産省が推進する“J-SaaS”上で動く「Dr.Sum EA(集計SaaS)」を発表

 ウイングアーク テクノロジーズは24日、業務の見える化を支援する経営分析サービス「Dr.Sum EA(集計SaaS)」を発表した。中小企業を対象に経済産業省が推進するITサービス「J-SaaS」上で、3月末より提供開始する。

エンタープライズ その他
「Dr.Sum EA(集計SaaS)」の特徴紹介ページ(画像)
  • 「Dr.Sum EA(集計SaaS)」の特徴紹介ページ(画像)
 ウイングアーク テクノロジーズは24日、業務の見える化を支援する経営分析サービス「Dr.Sum EA(集計SaaS)」を発表した。中小企業を対象に経済産業省が推進するITサービス「J-SaaS」上で、3月末より提供開始する。
 
 J-SaaSは、主に中小企業を対象に、さまざまな業務をITで支える便利なワンストップサービス。中小企業のIT活用促進による経営力・生産性向上を目指すため、経営分析処理や財務会計処理、給与計算処理、税務申告処理、グループウェアなどのアプリケーションサービスをインターネット経由で提供できるSaaS(Software as a Service)活用型のサービス基盤を経済産業省が開発し、サービス全体をJ-SaaSと名づけた。

 SaaS型経営分析サービス「Dr.Sum EA(集計SaaS)」は、これまでソフトウェアとして提供してきたデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」をSaaS上でサービス展開するもの。現場の担当者から経営者層までに、データ集計分析の環境を提供。データベースに蓄積されるデータを見える化し、事業の収益性や販売実績の管理など、さまざまなデータをグラフや集計表形式でひとめでわかる形に可視化する。今後は、さまざまなSaaSプラットフォーム上で、Dr.Sum EA(集計SaaS)のサービス展開をはかっていく予定だ。費用は初期費用/30,000円、月額費用/1名3,000円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top