Webブラウザ「Lunascap5.0正式版」が公開 〜 「現行ブラウザで世界最速」を標榜 | RBB TODAY

Webブラウザ「Lunascap5.0正式版」が公開 〜 「現行ブラウザで世界最速」を標榜

ブロードバンド その他

「Lunascape5.0正式版」画面イメージ
  • 「Lunascape5.0正式版」画面イメージ
  • 「Lunascape」サイト
  • Acid3テストの計測結果比較
 Lunascapeは18日、Webブラウザ「Lunascape5.0正式版」をリリースした。

 Lunascape5.0正式版は、世界最速レベルのJavaScript実行速度、世界初のトリプルレンダリングエンジンの搭載、200種類以上のデザインスキンと高いカスタマイズ機能などを特徴としたWebブラウザだ。

 最新版の主な仕様および機能の強化・改善としては、従来の正式版であるLunascape4.8の3倍以上の起動速度、世界最速のJavaScript実行速度、WebKitエンジン搭載と高速化、Geckoエンジンの高速化、CPU使用率削減などが施され、大幅にパフォーマンスが向上した。表示精度・機能の強化においては、WebKit使用時での表示をChrome・Safariに準拠し、Acid3テストにおいてパーフェクトを実現したという。

 またLunascape5.0正式版の特徴の1つである「トリプルエンジン」は、閲覧するサイトごとに自由にエンジンを切り替えることも可能。たとえばWebKitエンジン使用時も標準でマウスジェスチャーが使えるなど、各エンジンごとにさまざまな機能を標準搭載しつつ、すべてのエンジンで統一されたメニュー構成となっている。適切な時に適切なエンジンを利用することで、遅い表示にイライラしたり、サイトの表示が崩れたり、ブラウザ依存で利用できないウェブサイトに悩まされることがなくなる見込みだ。さらにLunascapeではInternet Explorer向けのプラグイン(GoogleツールバーやYahooツールバーなど)も一部サポートしており、標準的な機能との互換性を保ったまま、スムーズに利用開始できる。

 デザイン面ではLunascapeは約200種類のデザインスキンを準備、簡単にブラウザのデザインを変更できる。また多くのユーザーが作成した機能拡張のプラグインもあり、mixi、YouTube向けのプラグインが揃っている。この他、Webクリエイター向け「Web Inspector」を日本語化し搭載、ツールバーのカスタマイズ機能としてジョイントボタン機能搭載、多段タブ固定機能搭載、5ボタンマウス対応など、さまざまな機能強化が図られている。

 同社では、今後利用頻度が高まるGmail、Google Docs、mixi、各種グループウェアなどのSaaS分野において、サービスの使用感にはJavaScript実行速度が大きく影響すると考え、とくにJavaScriptの強化を行った。Lunascape5.0正式版では、主要ブラウザ(正式版)でのJavaScript実行速度の比較において最速を計測。特にFirefoxにも搭載されているGeckoエンジンについては、Lunascape独自の技術により高速化に成功したとしている。「Lunascape5.0正式版」は同社サイトより無償ダウンロードが可能。

 なお前日にGoogleがChromeの最新ベータ版を公開、その数日前にはOperaがOpera Turboを開始するなど、Internet Explorer 8やFirefox 3.1〜3.5を含めて最新ブラウザの競争がここ最近過熱している。ユーザとしては選択肢が増えありがたい限りだが、複数を同時に使うタイプのアプリケーションでもないため、今後もシェア争いは激しくなるものと思われる。
《池本淳》

関連ニュース

page top