NECとウイングアーク、BIソフトとサーバを組み合わせた大規模ユーザー向け新ソリューションを発売 | RBB TODAY

NECとウイングアーク、BIソフトとサーバを組み合わせた大規模ユーザー向け新ソリューションを発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

InfoFrame Dr.Sum EA運用イメージ(カタログより)
  • InfoFrame Dr.Sum EA運用イメージ(カタログより)
  • InfoFrame Dr.Sum EA活用イメージ(カタログより)
  • InfoFrame Dr.Sum EAの概要
  • 新ソリューションの価格および出荷時期
 日本電気(NEC)は21日、ウイングアークテクノロジーズと共同開発したビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェア新製品「InfoFrame Dr.Sum EA Ver.4」とNEC製のサーバを組み合わせた、大規模ユーザー向け新ソリューションの販売を開始した。

 「Dr.Sum EA」は、企業内のさまざまなシステムに散在するデータを統合して、集計・分析・レポーティングするためのソフトウェア。データ量が比較的少ない中堅・中小企業、大企業の部門単位のBIシステムを中心に導入されている。今回、両社は共同で、「InfoFrame Dr.Sum EA Ver.4」とNEC製のサーバなどを組み合わせ性能検証を行い、従業員数5000名以上の大規模ユーザーや10億件以上の大容量データを保持したユーザーに最適なパフォーマンスを実現できることを実証したとしている。

新ソリューションは、蓄積可能なデータ件数が1億件以上の大企業モデル、2,000万件以上の中堅・中小企業モデルの2モデルがラインアップされている。大企業モデルの最小構成は、Express5800 R120b-2×2台(サーバ)とiStorageD1-30(ストレージ)で、価格は1,600万円~(税抜)。中堅・中小企業モデルの最小構成はExpress5800 R120b-2×1台で、価格は450万円~。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top