流通経済研究所とNTTデータ、流通業・製造業向けPOSデータ分析「NPICLOUD」提供開始 | RBB TODAY

流通経済研究所とNTTデータ、流通業・製造業向けPOSデータ分析「NPICLOUD」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「NTTデータ」ロゴ
  • 「NTTデータ」ロゴ
 流通経済研究所とNTTデータは22日、流通業・製造業向けとなるPOSデータ分析サービス「NPICLOUD(エヌピーアイクラウド)」を発表した。10月より提供を開始する。

 「NPICLOUD」は、全国の食品スーパーマーケットから収集したPOSデータを分析し、クラウドサービスにて提供するBIソリューション。市場の販売動向と自社のデータをわかりやすく比較できるのが特徴で、POSデータ×ビッグデータ(ソーシャルデータ等)との連携により、より深い分析が可能とのこと。

 分析画面はマウスだけで簡単に操作・分析の深ぼりができる。なお、分析画面等の機能については、ウイングアークの「Dr.Sum」を採用。また、大量データ処理バッチ基盤としてNTTデータが提供する「LindaCloud for Hadoop」を採用している。

 流通システム開発センターが管理している「JICFS(ジクフス)商品分類」を最小単位とする、“カテゴリ”単位で提供し、1カテゴリあたり月額2万円~(初期費用なし)の料金設定となっている。複数カテゴリをまとめ、価格を抑えて提供する“カテゴリパック”も用意されている。自社で使っている商品分類マスタを本サービスにアップロードすることで、市場POSデータを、企業独自の商品分類マスタを用いて分析することも可能。

 また、流通経済研究所がこれまで流通現場で培ってきたノウハウをベースに、「いつどのような分析を実施し、その分析結果からどのようなアクションを起こすべきか」といった、POSデータ分析を行う現場担当者の立場に立った研修プログラムも提供する。

 今後は、本サービスのファーストユーザーとして、オール日本スーパーマーケット協会(AJS)にサービス提供を行い、AJS加盟各社における本サービスの利用を通してサービス利用現場からの意見を収集し、より実務に使える分析サービスとしてサービス強化を図っていくとのこと。また、AJSからPOSデータ提供を受けることで、より高精度な市場POSデータを提供していく計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top