ソニー、顔の動きも自動検出してブレを防ぐ新機能を搭載するなどサイバーショットWシリーズの2モデル | RBB TODAY

ソニー、顔の動きも自動検出してブレを防ぐ新機能を搭載するなどサイバーショットWシリーズの2モデル

IT・デジタル デジカメ

DSC-W270
  • DSC-W270
  • DSC-W220
 ソニーは、広角・高倍率の沈胴式レンズを採用するコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットW」シリーズの新モデルとして、顔の動きも自動検出して被写体ブレなどの失敗を防ぐ「DSC-W270」とエントリーモデル「DSC-W220」を発表。3月13日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はDSC-W270が33,000円前後、DSC-W220が25,000円前後。

 両製品は、撮像素子に有効1,210万画素1/2.3型「Super HAD(スーパーハッド)CCD」を搭載。進化した画像処理エンジン「BIONZ」を採用し、高感度撮影時のノイズ低減や撮影シーンに応じた適切な露出・コントラストに自動補正する「Dレンジオプティマイザー」機能を装備する。さらに、笑顔を検出して自動的にシャッターを切る「スマイルシャッター」、自動的にマクロモードに切り替わりピントやホワイトバランスを調整して料理を明るく色鮮やかに撮影できる「料理モード」などの機能を備える。

 DSC-W270は、個別機能だった「オート」撮影モードや顔検出機能「顔キメ」、「おまかせシーン認識」などを、より使いやすいように「おまかせオート」撮影モードとして一本化したデジタルカメラ。新たに、人物の顔の動きを検出した際に自動的にISO感度を上げてシャッタースピードを速くし、顔のブレを自動で抑える「顔動き検出」機能を搭載。「顔検出」「目つぶり警告」「赤目軽減撮影」機能などとともに、撮影の失敗を減らすという。さらに、「おまかせシーン認識アドバンス」モードで人物を撮影すると、「目つぶり軽減」機能が働き自動的に2枚撮影して目をつぶっていない1枚だけを記録する。

 レンズリングを取り囲むような「スピン目加工」を施したデザインを採用し、カラーはゴールド/レッド/シルバー/ブラックの4色。モードダイヤルは使用頻度の高い撮影モードに絞り込むことでシンプルにしたほか、MENUボタンとHOMEボタンの一本化や削除ボタンの設置、新規で「スマイルシャッター」ボタンを天面に設置したりするなど、操作性の向上もはかっている。

 そのほか、高画質・高圧縮なMPEG-4 Visual圧縮方式のMP4ファイルフォーマットを採用する「ハイビジョン動画撮影」機能を搭載。1,280×720ピクセル(約30fps、プログレッシブ方式)の高画質なハイビジョン動画を、4GBのメモリースティックデュオに最大約82分記録できる。

 レンズはカール・ツァイス「バリオ・テッサー」を採用し、光学ズームは5倍、F値はF3.3〜5.2、焦点距離は28〜140mm(35mm換算値)。シャッタースピードは1/1600〜2秒。最大ISO感度は3200。2.7型クリアフォト液晶を搭載。内蔵フラッシュメモリは11MBで、記録メディアはメモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。対応記録フォーマットは静止画がJPEG、動画がMPEG4。インターフェースはUSB2.0/AV出力。バッテリフル充電時の最大撮影枚数は約330枚。本体サイズは幅97.6×高さ56.6×奥行き22.6mm、重さは164g(バッテリなど含む)。付属品はバッテリチャージャー/マルチ端子専用USB・AVケーブル/リストストラップなど。

 DSC-W220は、自動で最適な撮影を行える「おまかせシーン認識」機能を搭載するエントリーモデル。アルミニウム製のフロントキャビネットに高級感のあるヘアライン加工を施し、カラーは春らしいブルー/ピンクとシンプルなシルバー/ブラックの4色をそろえる。

 レンズはカール・ツァイス「バリオ・テッサー」を採用し、光学ズームは4倍、F値はF2.8〜5.8、焦点距離は30〜120mm(35mm換算値)。シャッタースピードは1/1600〜1/4秒。最大ISO感度は3200。2.7型クリアフォト液晶を搭載。内蔵フラッシュメモリは15MBで、記録メディアはメモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。対応記録フォーマットは静止画がJPEG、動画がMPEG1。インターフェースはUSB2.0/AV出力。バッテリフル充電時の最大撮影枚数は約370枚。本体サイズは幅95.2×高さ56.5×奥行き21.8mm、重さは147g(バッテリなど含む)。付属品はバッテリチャージャー/マルチ端子専用USB・AVケーブル/リストストラップなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top