キヤノン、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新モデル4機種 | RBB TODAY

キヤノン、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新モデル4機種

 キヤノンは18日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新モデルとして、「PowerShot SX200 IS」、「PowerShot D10」、「PowerShot A1100 IS」、「PowerShot A480」4機種を発表した。

IT・デジタル デジカメ
ブラック
  • ブラック
  • レッド
  • PowerShot D10
  • シルバー
  • ピンク
  • シルバー
  • レッド
 キヤノンは18日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの新モデルとして、「PowerShot SX200 IS」、「PowerShot D10」、「PowerShot A1100 IS」、「PowerShot A480」4機種を発表した。

 PowerShot A480を除く3機種の共通の仕様として、18通りの撮影シーンを自動的に判別し、最適な設定や画像処理をおこなう「こだわりオート」、人物・距離・明るさ・色・動きの情報から撮影シーンを判別する「シーンキャッチテクノロジー」、高速処理と高画質・高機能を実現する映像エンジン「DIGIC4」、逆光シーンでの撮影に強くなった「フェイスキャッチテクノロジー」、適切なシャッタースピード設定で手ブレや被写体ブレを軽減する「モーションキャッチテクノロジー」機能を搭載する。

 「PowerShot SX200 IS」はコンパクトボディに1,210万画素CCDと35mm判換算で28〜336mm、F3.4〜5.3の12倍ズームレンズを搭載。3.0型の「クリアライブ液晶2」を採用する。また、HDMIミニコネクタを装備し、解像度1,280×720ピクセル・30フレーム/秒のハイビジョン動画の撮影が可能。さらに、加速度センサーにより、本体を振ったり傾けたりして再生時の画像送りができる「アクティブ再生」機能を搭載する。

 おもな仕様は、シャッタースピードが1〜1/3200秒。手ブレ補正はレンズシフト式。対応記録メモリはSD/SDHC/MMC/MMC plus/HC MMC plus。対応ファイル形式は静止画がJPEG/動画がMOV。バッテリはリチウムイオン充電池(NB-5L)。撮影可能枚数は約280枚。本体サイズは幅103.0×高さ60.5×奥行き37.6mm、重さは220g。付属品はバッテリパック/バッテリチャージャー/リストストラップ/AVケーブル/インターフェースケーブルなど。カラーは、ブラック/レッドの2色を用意。予想実売価格は45,000円前後。4月上旬に発売する。

 「PowerShot D10」は、キヤノンのコンパクトデジタルカメラでは初となる防水、防塵、耐衝撃性能を備え、1,210万画素CCD、35mm判換算で35〜105mm、F2.8〜4.9の光学3倍ズームレンズを搭載。また、屋外の視認性を高めた「クリアライブ液晶2」や、手袋を付けたままでも操作できる大きなボタン類など、アウトドアでの使い勝手に配慮している。そのほか、着脱可能なストラップや交換用フロントカバー、ソフトケースなどを付属しアウトドアキットとして販売する。

 おもな仕様は、シャッタースピードが1〜1/1500秒。手ブレ補正はレンズシフト式。対応記録メモリはSD/SDHC/MMC/MMC plus/HC MMC plus。対応ファイル形式は静止画がJPEG/動画がMOV。バッテリはリチウムイオン充電池(NB-6L)。撮影可能枚数は約220枚。本体サイズは幅103.6×高さ66.9×奥行き48.8mm、重さは190g。付属品はバッテリパック/バッテリチャージャー/リストストラップ/ネックストラップ/カラビナストラップフロントカバー×3/AVケーブル/インターフェースケーブルなど。カラーはシルバーを用意。予想実売価格は50,000円前後。5月上旬に発売する。

 「PowerShot A1100 IS」は、1,210万画素CCDと35mm判換算で35〜140mm相当、F2.7〜5.6の4倍ズームレンズを搭載。2.5型液晶ディスプレイを採用する。

 おもな仕様は、シャッタースピードが1〜1/1500秒。手ブレ補正はレンズシフト式。対応記録メモリはSD/SDHC/MMC/MMC plus/HC MMC plus。対応ファイル形式は静止画がJPEG/動画がAVI。バッテリは単3形アルカリ乾電池×2。撮影可能枚数は約140枚(液晶表示時)。本体サイズは幅95.4×高さ62.4×奥行き31.0mm、重さは155g。付属品はSDメモリーカード/リストストラップ/AVケーブル/インターフェースケーブルなど。カラーはシルバーとピンクの2色。予想実売価格は22,000円。2月下旬に発売する。

 「PowerShot  A480」は、1,000万画素と35mm判換算で37〜122mm相当、F3.0〜5.8の3.3倍ズームレンズを搭載。2.5型液晶ディスプレイを採用する。映像エンジンに「DIGIC 3」を使用し、エントリーモデルながら多彩な機能を搭載する。

 おもな仕様は、シャッタースピードが1/60〜1/2000秒。手ブレ補正はレンズシフト式。対応記録メモリはSD/SDHC/MMC/MMC plus/HC MMC plus。対応ファイル形式は静止画がJPEG/動画がAVI。バッテリは単3形アルカリ乾電池×2。撮影可能枚数は約200枚(液晶表示時)。本体サイズは幅92.1×高さ62.0×奥行き31.1mm、重さは140g。付属品はSDメモリーカード/リストストラップ/AVケーブル/インターフェースケーブルなど。カラーはシルバーとレッドの2色を用意。予想実売価格は15,000円。2月下旬に発売する。
《満井》

関連ニュース

特集

page top