IBM、クラウドコンピューティングサービス「LotusLive」発表〜Skype、LinkedIn、Salesforce.comとも連携 | RBB TODAY

IBM、クラウドコンピューティングサービス「LotusLive」発表〜Skype、LinkedIn、Salesforce.comとも連携

エンタープライズ その他

LotusLive紹介サイト「www.lotuslive.com」
  • LotusLive紹介サイト「www.lotuslive.com」
  • 「LotusLive Engage」チャート表示
  • 「LotusLive Engage」連絡先一覧
  •  米IBMは19日、新しいクラウドコンピューティングサービス「LotusLive」を発表。フロリダ州オーランドで開催中の「IBM Lotusphere 2009」において出席者にプレビューするとともに、専用サイト「www.lotuslive.com」を開設。
  •  米IBMは19日、新しいクラウドコンピューティングサービス「LotusLive」を発表。フロリダ州オーランドで開催中の「IBM Lotusphere 2009」において出席者にプレビューするとともに、専用サイト「www.lotuslive.com」を開設。
 米IBMは19日、新しいクラウドコンピューティングサービス「LotusLive」を発表した。フロリダ州オーランドで開催中のLotusブランド最大のイベントである「IBM Lotusphere 2009」において出席者にプレビューするとともに、専用サイト「www.lotuslive.com」を開設した。

 「LotusLive」は、電子メール、情報共有、Web会議など、統合アプリケーションの「Lotus」で提供されている機能をクラウド環境で利用できるプラットフォーム。電子メールとして「LotusLive Notes」、情報共有として「LotusLive Engage」、Web会議として「LotusLive Meetings」の各ツールが提供されており、「LotusLive Engage」「LotusLive Meetings」の2つは、専用サイトで試用可能となっている。

 LotusLiveはオープンなビジネスモデルとなっており、今後はSkype、LinkedIn、およびSalesforce.comとも連携し、各種機能をLotusLiveで提供する予定だ。たとえばLotusLive上から直接、ビジネスSNSのLinkedInにアクセスし、3400万人を超えるメンバーを検索し、プロフィールを閲覧できる。そこに通話したい相手の名前があれば、Skype名や電話番号をクリックするだけで、簡単にSkypeによる通話(音声・ビデオ)を開始できる。さらに、Skypeのコンタクト情報をIBMのクラウド・コンピューティング・サービスにインポートできるようになる。Salesforce.comではSalesforce CRMアプリケーションとの統合により、顧客とのコラボレーションを拡張できる。このような機能の提供が現在検討中だ。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top