東京メトロ、拠点間コミュニケーションにSkype for Business導入 | RBB TODAY

東京メトロ、拠点間コミュニケーションにSkype for Business導入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ユニファイドコミュニケーションの構成の概要
  • ユニファイドコミュニケーションの構成の概要
  • 「Skype for Business」画面イメージ
 日立システムズは12日、同社の「NETFORWARDユニファイドコミュニケーションサービス」を使い、東京地下鉄が「Skype for Business」を導入したと発表した。

 東京メトロは、多くの拠点に従業員が分散しているため、効率的な業務運営にユニファイドコミュニケーション環境を採り入れたとのこと。駅や整備基地など300以上の拠点において、従業員約8,700名のコミュニケーションに活用するという。

 「NETFORWARDユニファイドコミュニケーションサービス」は、ユニファイドコミュニケーション環境の実現を、設計をはじめ、構築、運用、保守までサポート。今回「Skype for Business」の導入により、インスタントメッセージやWeb会議、個人の状況の表示などが利用可能になるとのこと。また、Outlookの予定表にあわせて自動的に在席状況を更新することも可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top