NTTデータなど4社、OSS統合監視ツール推進協議会を設立 | RBB TODAY

NTTデータなど4社、OSS統合監視ツール推進協議会を設立

 NTTデータ、サン・マイクロシステムズ、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ミラクル・リナックスの4社は14日、オープンソースの統合監視ツールに関し、共同で普及促進することに合意、「OSS統合監視ツール推進協議会」を設立した。

エンタープライズ その他
 NTTデータ、サン・マイクロシステムズ、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、ミラクル・リナックスの4社は14日、オープンソースの統合監視ツールに関し、共同で普及促進することに合意、「OSS統合監視ツール推進協議会」を設立した。

 「OSS統合監視ツール推進協議会」は、主に既存の商用製品を利用している企業に対し、システム統合監視の機能についてはオープンソースの統合監視ツールでも既存の商用製品に匹敵する十分な機能をもつことを広く認識してもらい、低価格で高品質の情報システム運用を求めるニーズに応えることを目的とする。OSSについては、コスト低減の1つの手段として活用している企業が増えているが、統合監視の分野においてはOSSの普及が進んでいないため、OSS統合監視ツール推進協議会では広くプロモーションを展開するとのこと。

 まず、四社共同セミナーにおいて、富士通SSL、ミラクル・リナックス、NTTデータのソリューションを紹介。サンは、MySQL Enterpriseに各社ソリューションを組み合わせることで、MySQLで構築されたデータベースを含めた統合監視の実現について紹介を行う。セミナーは2月26日にNTTデータINFORIUM(東京霞ヶ関)で開催。無料だがHinemosサイトでの事前登録の必要あり。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top