国産Linuxが、初のMicrosoft Azure対応……ミラクル・リナックス「Asianux Server 4」 | RBB TODAY

国産Linuxが、初のMicrosoft Azure対応……ミラクル・リナックス「Asianux Server 4」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Asianux Server on Microsoft Azure」紹介ページ
  • 「Asianux Server on Microsoft Azure」紹介ページ
  • 海外製品との比較
 ミラクル・リナックスは1日、同社のエンタープライズ向けLinux OS「Asianux Server 4(MIRACLE LINUX V6)」が、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の認証テストを、すべてクリアしたことを発表した。

 これにより「Asianux Server 4」は、国産初の動作保証済みAzure認証エンタープライズLinux OSとなる。同日より、米国子会社のMIRACLE LINUX AMERICAを通じて、Azure Marketplaceでの販売も開始する。またサポートメニューとして「Asianux for Cloud Standard Support」の提供を開始する。

 Azure上の「Asianux Server 4」サポートサービスは、ミラクル・リナックスが販売。ソフトバンク・テクノロジーが販売パートナーやソリューションパートナーを務める。

 Microsoft Azureは、日本の法律に準拠して展開されており、日本円での決済も可能。国産Linuxが対応したことで、日本国内でのクラウドおよびLinuxの利活用が進む見込みだ。今後は、Azure仮想マシン上での動作検証、実装のための技術ガイダンスの提供・公開などを進める計画とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top