NTTと米EnterpriseDB、PostgreSQLの機能拡張と普及推進で包括的パートナーシップを締結 | RBB TODAY

NTTと米EnterpriseDB、PostgreSQLの機能拡張と普及推進で包括的パートナーシップを締結

エンタープライズ その他
 NTTと米EnterpriseDBは7日、NTTの100%子会社、NTTインベストメント・パートナーズからEnterpriseDBへの出資を含む、包括的なパートナーシップを締結した。

 今回のパートナーシップ締結により、オープンソースデータベース、PostgreSQLとその関連技術を対象として、大規模な分散データベース環境を実現できるレベルにまで拡張性や可用性を向上させる機能開発、およびNTT事業会社や一般企業ユーザへの普及促進を協業する。具体的には、高可用なデータベース管理システム実現のためのキー技術である同期レプリケーション技術を改良し、PostgreSQL開発コミュニティに共同で提案するほか、それを補完する技術として、EnterpriseDBが開発してオープンソースとして公開しているPostgreSQL向け並列処理技術「GridSQL」を改良し、同期レプリケーション技術と組み合わせて大規模な分散データベース環境を実現するための検討、および開発に共同で取り組む。

 また、同期レプリケーション技術を応用して、一般企業ユーザがPostgreSQLを利用した高信頼な企業システムを構築できるソリューションパッケージングを共同で検討、および開発し、EnterpriseDBの「Postgres Plusシリーズ」に組み込んでリリースするとしている。さらに、NTT事業会社の運用支援システムなどへのPostgreSQL導入に共同で取り組むことも明らかにされた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top