米Google、Google Chrome利用規約第11条を修正して、コンテンツへのユーザーの権利を明示 | RBB TODAY

米Google、Google Chrome利用規約第11条を修正して、コンテンツへのユーザーの権利を明示

ブロードバンド その他
 米Googleは4日(現地時間)、9月2日にリリースした独自のオープンソースブラウザ「Google Chrome」の利用規約第11条を修正した。

 同規約は、「Google Chromeを通してインターネット上にアップロードされたコンテンツの権利はGoogleに帰属する」と受け取れるとして、一部のユーザーから懸念や反発の声が上がっていたもの。Googleでは、現在の著作権法によると、コンテンツの表示や送信を行うためには「権利」が必要になるためこの規約を設けたが、その権利はあくまでもGoogle Chromeを通じてサービスを行うことのみに限られているとしている。

 修正された規約では、、コンテンツの権利はユーザーに帰属することが明示され、即日有効となる。すべての言語版のGoogle Chromeに利用規約の文言の変更が行き渡るまでにはもう少し時間がかかる見込みだが、Googleでは今後リリースされるバージョンだけでなく、現在までにすでにダウンロードが行われたすべてのGoogle Chromeに対して早急に対応を行うとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

page top