IPA、「2008年度日本OSS貢献者賞」発表〜PostgreSQLの石井氏、Firefox開発の中野氏など4名 | RBB TODAY

IPA、「2008年度日本OSS貢献者賞」発表〜PostgreSQLの石井氏、Firefox開発の中野氏など4名

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は17日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者やOSSの普及に貢献した人物を表彰する「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を発表した。

ブロードバンド その他
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は17日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者やOSSの普及に貢献した人物を表彰する「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を発表した。

 「日本OSS貢献者賞」は、2005年度創設で今回が第4回目。第1回のまつもとゆきひろ氏(Rubyの開発/プロジェクト運営)、第2回の比嘉康雄氏(Seasarの開発)など、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、普及に貢献した人物が表彰されている。自薦、他薦により広く推薦を受けた候補者(計50名)の中から、審査委員会の審査によって受賞者が選定される。

 「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者(50音順)は、PostgreSQLの開発、発展、普及に大きく貢献した石井達夫氏、ブートローダGRUBの主要開発者で、GRUB2では中心となって、設計・開発に携わる奥地秀則氏、Firefoxの開発に関わり、日本語入力システムとの連携機能等の実装に貢献した中野雅之氏、「オープンソースカンファレンス」を立ち上げ、中心的な立場で活動をリードした宮原徹氏の4名となっている。

 なお授賞式は、10月28日(火)15:40〜16:10 明治記念館 2F 富士2にて、「IPA Forum 2008」のオープンソフトウェア・セッションの中で行われる予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top