デル、シンクライアントの導入支援サービスを開始 | RBB TODAY

デル、シンクライアントの導入支援サービスを開始

エンタープライズ その他

 デルは20日、シンクライアントの導入支援サービス「フレキシブル・コンピューティング」を開始すると発表した。

 同社では「フレキシブル・コンピューティング」を「オンデマンド・デスクトップ・ストリーミング」「ヴァーチャル・リモート・デスクトップ」「デディケイテッド・リモート・ワークステーション」「クライアント・ホステッド・ヴァーチャライゼーション」の4種類に分類した。

 「オンデマンド・デスクトップ・ストリーミング」はクライアント側にハードディスクを搭載せず、データはサーバルームに格納されLANを経由してアクセス。CPUやグラフィック・ボードはクライアント側のものを利用する。「ヴァーチャル・リモート・デスクトップ」はデータの保存だけでなく処理もデータセンターで行う。仮想化技術を利用し、デスクトップイメージをLANやWAN経由でクライアント側に配信。場所を選ばずデータにアクセスでき、ユーザが別のクライアント端末を利用しても、常にセッションをデータセンター側で保持することが可能。「デディケイテッド・リモート・ワークステーション」は、ワークステーション本体をデータセンターに設置。ユーザは手元のリモート・アクセス端末使って操作する。「クライアント・ホステッド・ヴァーチャライゼーション」はアプリケーションを必要に応じて端末にダウンロードして利用する。アプリケーションを個々の端末にインストールしておく必要がないため、1つのアプリケーションに対し、新旧の複数のバージョンを同時に利用することが可能だ。

 同社では「フレキシブル・コンピューティング」導入のためアセスメント、プルーフ・オブ・コンセプト、パイロットの3段階のサービスを用意した。アセスメントはユーザグループやプロファイル、ITのサポート、管理、データセンターの所在などを特定・確認し、分析と提言を行い、アセスメント・レポートを作成、TCOやROI、代替案、推奨アーキテクチャ、導入のための戦略などを提供する。ブルーフ・オブ・コンセプトは5台程度のクライアントを設定、基本的な機能、4〜5種のアプリケーションのテストを行う。これにより、テスト環境やユーザの個別の環境にあった有効な構成、説明のためのワークショップを提供する。パイロットは最大100台までのクライアントを設定、限定された本番環境へのソリューションを適用。また、ナレッジ・トランスファー(知識移転)のセッションを提供する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top