日立ソフト、月1,800円の在宅勤務向けシンクライアントソリューションを提供 | RBB TODAY

日立ソフト、月1,800円の在宅勤務向けシンクライアントソリューションを提供

エンタープライズ その他
在宅勤務用シンクライアントの利用イメージ図
  • 在宅勤務用シンクライアントの利用イメージ図
 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は24日、自宅PCをシンクライアント化し、社内システムへ安全にアクセスできる「在宅勤務向けシンクライアントソリューション」の提供を開始した。

 日立ソフトの「SecureOnline(セキュアオンライン)統制IT基盤提供サービス」を利用するため、社内のネットワーク接続環境を変更することなく、申し込みから3日後にシンクライアント環境を自宅PC上で実現し、社内システムの利用が可能とのこと。なお新規に「SecureOnline」を利用する場合は、VPNネットワーク接続サービスが必要となる。

 ネットワーク接続環境は「SecureOnline」があらかじめ用意しているため、在宅勤務者は、USBキーを自宅のPCに差し込むだけで、インターネット回線を通じて、「SecureOnline」を経由し、社内システムにアクセスすることが可能となる。

 SecureOnlineのUSBゲートウェイを中継して、社外から社内の自席PCへアクセスする形態だ。USBキーの設定情報、アクセス権などはサーバ側で一元管理される。またデータのアップロード、ダウンロードができないため、社内データが外部へ流出することも防止できる。

 料金は、1社あたり月額基本料金15,000円(税込み15,750円)、1人あたり月額利用料金1,800円(税込み1,890円)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top