CTCSP、Windows Embedded OS搭載モバイル・シンクライアントを業界初発売 | RBB TODAY

CTCSP、Windows Embedded OS搭載モバイル・シンクライアントを業界初発売

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社である(CTCSP)は4月10日、業界で初めてWindows Embedded OSを搭載したモバイル・シンクライアントの販売を開始した。

エンタープライズ ハードウェア
Windows Embedded OS搭載モバイル・シンクライアントのラインアップ
  • Windows Embedded OS搭載モバイル・シンクライアントのラインアップ
  • データをシンクライアント機器に残さないWindows Embedded OSの仕組み
  • 業務にあわせた最適化が可能
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社である(CTCSP)は4月10日、業界で初めてWindows Embedded OSを搭載したモバイル・シンクライアントの販売を開始した。

 日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフトと、HP社のモバイル製品にWindows Embedded OSを搭載したモバイル・シンクライアントを販売することで合意した。CTCSP独自技術の画面ピンチアウト機能や個別アプリケーションの組み込み、業務にあわせた画面カスタマイズなどを行ったうえで、端末の販売・保守サポートを行う。

 生体・カード・ワンタイム認証システム、USBデバイスの管理などにも対応する。Windows Enibedded OSの書込み保護機能によって、データを一切残さないことが可能。また書込み保護フィルタをカスタマイズし、通常使用するプリンタに対してのみ印刷を許可するといった最適化も可能。

 タブレット端末や17インチ以上の大画面ノートパソコンで、Windows Embedded OSを搭載したシンクライアント製品の提供は業界初とのこと。

 CTCSPでは、モバイル・シンクライアントだけでなく、仮想化ソリューション、認証ソリューションなど、シンクライアント化に必要な付帯システムの設計、カスタマイズ、構築、サポートまで提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top