米Intel、FW外からのPC保護・管理機能が追加されたデスクトップ向け「vProテクノロジー」 | RBB TODAY

米Intel、FW外からのPC保護・管理機能が追加されたデスクトップ向け「vProテクノロジー」

 米Intelは22日(現地時間)、コード名「McCreary」と呼ばれていた第3世代ビジネス・デスクトップパソコン向け「インテル vProテクノロジー」を発表した。

エンタープライズ その他
 米Intelは22日(現地時間)、コード名「McCreary」と呼ばれていた第3世代ビジネス・デスクトップパソコン向け「インテル vProテクノロジー」を発表した。

 最新のインテルvProテクノロジーは、省電力機能を搭載したIntel Core 2 Quad/DuoプロセッサーとIntel Q45 Expressチップセット、Intel 82567LMギガビット・ネットワーク・コネクションで構成されたデスクトップパソコン向けプラットフォーム。インテルアクティブ・マネジメント・テクノロジー リリース5.0に対応するほか、セキュリティ機能の強化と新しい自動保守機能によるPC管理に要する時間とコストの削減が行われている。

 新機能としては、インテル vProテクノロジーとして初めて、企業のファイアウォール外からのPC保護・管理機能が追加されている。遠隔アラート機能では、電源がオフになっている場合や設定されたパラメータに適応しない状況に突然直面した場合でもPCの遠隔サポートが可能だ。

 もうひとつの新機能「リモート・スケジュールド・メンテナンス機能」では、企業のIT管理者がPCに定期保守用プログラムを組み込むことで、自動的にIT管理プログラムを実行し、遠隔地から運用管理できる。遠隔ヘルプ機能では、OSやハードディスクが動作していない状況に対しても、ユーザーは簡単な操作のみで迅速に遠隔地からのサポートを受けられる。

 セキュリティ機能では、システム操作ログ管理機能「アクセス・モニター機能」、およびマイクロソフトネットワーク・アクセス・プロテクション(NAP)を利用したPC認証用組み込み技術の2つのアクセス制御機能が用意された。さらに、インテル vProテクノロジー搭載PCと連動してサーバー上でデータ保護とアプリケーションの管理を行い、処理能力に応じたアプリケーションをデスクトップ、およびノートパソコンにオンデマンドでストリームする「ダイナミック・バーチャル・クライアント・テクノロジー(DVC)」により、シンクライアント・システムのようにデータセンターに大規模な負荷をかけることなくセキュリティ強化とIT管理の簡素化が行える。インテルvProテクノロジーを採用したDVC製品/プログラムは、Citrix、Lenovo、マイクロソフトより発表されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top