CTC、「Trusted Desk Engine」にApp-Vを追加、アプリ仮想化機能を補完 | RBB TODAY

CTC、「Trusted Desk Engine」にApp-Vを追加、アプリ仮想化機能を補完

 伊藤忠テクノソリューションズは15日、同社のクライアントソリューション「Trusted Desk Engine」の機能強化を目的として、マイクロソフトのアプリケーション仮想化管理用基盤ソフト「Microsoft Application Virtualization」の販売を開始した。

エンタープライズ その他
システム構成イメージ
  • システム構成イメージ
 伊藤忠テクノソリューションズは15日、同社のクライアントソリューション「Trusted Desk Engine」の機能強化を目的として、マイクロソフトのアプリケーション仮想化管理用基盤ソフト「Microsoft Application Virtualization」の販売を開始した。

 Trusted Desk Engineは、ICカード(社員証)、認証基盤システム、クライアントシステム(シンクライアント/クライアント仮想化/リッチクライアント)から構成されるクライアントソリューション。システム設計から開発、構築、運用サービスまでをトータルで提供できるのが特徴だ。Microsoft Application Virtualizationは、DLLやレジストリなどのプログラムリソースをアプリケーションソフトとパッケージ化してクライアントに配信することで、サーバやクライアントのOSに依存することなく、様々な種類やバージョンのアプリケーションソフトを同時に使用できるアプリケーション仮想化ソフト。混在するアプリケーションソフトを集中的に管理・運用することで、動作試験・配布・権限、ライセンス管理といった管理者の負担を軽減できる。

 今回のTrusted Desk EngineへのMicrosoft Application Virtualization追加により、アプリケーションの仮想パッケージ化、アプリケーション利用権限の集中管理、ライセンス制御、自動配信といった機能がTrusted Desk Engineから利用可能となる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top