日本HP、ソフトウェア製品をSaaSモデルで提供する「HP SaaS」スタート | RBB TODAY

日本HP、ソフトウェア製品をSaaSモデルで提供する「HP SaaS」スタート

ブロードバンド その他
 日本ヒューレット・パッカードは28日より、同社のBTO(ビジネステクノロジの最適化)ソフトウェア製品群「HP Software」をSaaS(Software as a Service)モデルで提供する「HP SaaS」を開始した。

 「HP SaaS」は、IT戦略・開発・運用というITのライフサイクル全体を管理するSaaSモデル製品群で、一年単位でソフトウェアを利用できる「SaaSタームバンドル」モデルと、ユーザが所有するライセンスをHPが預かって運用管理を行う「SaaSサービス」モデルの2タイプが用意される。どちらのモデルでも、ユーザデータをHPのデータセンターで管理し、24時間の可用性とサポートを提供するほか、専任のテクニカルアカウントマネージャによる教育のサポート、ベストプラクティスの提供、知識移転を行うとのこと。

 「HP SaaS」で提供されるのは性能検証ソリューション「HP Performance Center」、アプリケーションの性能と可用性を管理する「HP Business Availability Center(BAC)」の2つ。2009年前半には、IT戦略を支援するポートフォリオ分析とプロジェクト管理を行う「HP Project and Portfolio Management Center」、アプリケーション開発時の品質管理を行う「HP Quality Center」、ITILベースのITサービス管理を行う「HP Service Management Center」なども提供開始となる予定だ。

 価格は、SaaSサービスモデル(1年のSaaSサービス。製品ライセンスおよびメンテナンスサポートは別途購入)で税込2,016,000円〜、SaaSタームバンドル(1年のタームラインセンス、1年のSaaSサービス、サポートを含む)で税込4,233,600円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top