日本オラクル、営業活動を支援するSaaS型の新CRMアプリケーション「Sales Prospector」を発表 | RBB TODAY

日本オラクル、営業活動を支援するSaaS型の新CRMアプリケーション「Sales Prospector」を発表

 日本オラクルは16日より、効果的な営業活動を支援するためのSaaS型の新CRMアプリケーション「Sales Prospector」の提供を開始した。

エンタープライズ その他
 日本オラクルは16日より、効果的な営業活動を支援するためのSaaS型の新CRMアプリケーション「Sales Prospector」の提供を開始した。

 「Sales Prospector」は、効率的かつ効果的な営業活動を支援するためのCRM製品群「Oracle Social CRM Applications」の一製品で、インターネットを経由してアプリケーションを利用するSaaS型で提供される。最新のコミュニケーション技術を活用した製品となっており、社内システムや外部に散在する情報源からターゲットとするビジネスに役立つ情報を集約して情報ポータル化するという。

 たとえば顧客の企業概要やニュースなどの関連情報を集約、さらに過去の購買製品や各組織による購買履歴など顧客の購買パターンを分析して成約確度や案件規模を評価し、これらの分析結果から見込み客の推奨リスト、および過去の実績から有効な提案内容や購買決定の可能性を表示することが可能となっている。営業担当者はこれらの情報を活用することで、どの見込み客にどの製品を販売すべきかのレコメンデーションリストを参照することが可能となる。

 「Sales Prospector」の対応ブラウザはMicrosoft Internet Explorer 6.x と 7.x、Firefox 2.xで、価格は1ユーザあたり月額税込34,240円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top