警視庁が荒川区で発生した強制わいせつ事件の容疑者画像を公開 | RBB TODAY

警視庁が荒川区で発生した強制わいせつ事件の容疑者画像を公開

ブロードバンド その他

同ツイッターで公開された容疑者画像。かなり筋肉質であることがうかがえる(画像は公式ツイッターより)
  • 同ツイッターで公開された容疑者画像。かなり筋肉質であることがうかがえる(画像は公式ツイッターより)
  • 警視庁公式Webサイトでは、複数枚の容疑者画像と動画、事件詳細を公開している(画像は公式Webサイトより)
 警視庁は、公式ツイッター・警視庁刑事部「公開捜査」(@MPD_keiji)にて、6月1日の午後11時06分頃に南千住署管内で発生した強制わいせつ事件の容疑者をとらえた防犯カメラの画像を公開した。

 容疑者は被害者女性に対して「お金をあげるから下に来て」などと話しかけ、体を触るなどの犯行に及んだ。犯行現場は、荒川区内にある集合住宅のエレベーター前で、容疑者男性は、170~175cmくらいのガッシリとした体型で年齢は30歳くらい。防犯カメラの映像では、暗めの色の半袖Tシャツに、紺色に見える作業ズボンを履いていたことが確認できる。

 事件発生から4か月以上経ち、いまだ逮捕に至っておらず、同ツイッター及び警視庁Websサイトで、画像と動画を公開し、広く情報を呼びかけている。

 なお、同ツイッターでは、8月20日から公開捜査を行っていた「亀有署管内発生の特殊詐欺に起因した窃盗事件」の容疑者の逮捕を報告している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top