KDDI、日本〜ロシア間光海底ケーブルを9月6日より運用開始、日本〜欧州間の遅延を最大50%改善 | RBB TODAY

KDDI、日本〜ロシア間光海底ケーブルを9月6日より運用開始、日本〜欧州間の遅延を最大50%改善

ブロードバンド その他
ネットワーク概念図
  • ネットワーク概念図
 KDDIは、露Rostelecomと共同で建設した日本〜ロシア間光海底ケーブル「Russia-Japan Cable Network(RJCN)」の運用を9月6日より開始する。

 RJCNは、日本〜ロシア間を接続する640Gbps容量の光海底ケーブルネットワークで、南北の2ルート構成を採ることにより、一方に障害が発生しても瞬時に自動復旧するセルフ・ヒーリング機能を備えた信頼性が高いケーブルシステム。KDDIは、Rostelecomが所有する大容量のロシア横断光波長多重ネットワークとRJCNをシームレスに接続することで、従来のインド洋経由や米国経由のルートよりも短いルートで日本〜欧州間を結び、伝送遅延を約30〜50%程度改善した。

 RJCN経由のシンルートを利用したサービスについては、国際専用線は9月6日から、Global Powered Ethernet Network(GPEN)とKDDI Global IP-VPNは2009年1月から提供を開始する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top