KDDI、リモートアクセスサービス「CPA」に端末数に応じた安価な新料金プラン | RBB TODAY

KDDI、リモートアクセスサービス「CPA」に端末数に応じた安価な新料金プラン

 KDDIは、au携帯電話から企業内のLANなどに接続するリモートアクセスサービス「CPA(cdma Packet Access)」において、新料金プランを8月20日より導入する。

ブロードバンド その他
 KDDIは、au携帯電話から企業内のLANなどに接続するリモートアクセスサービス「CPA(cdma Packet Access)」において、新料金プランを8月20日より導入する。

 CPAの従来の料金プランは、CPA契約回線の速度品目に応じた基本料金(3万1,500円から)となっていたが、新料金プランでは1Mbpsに限り、1IDから10IDまで無料で10IDを超えた場合にIDの利用数に応じた1IDあたり525円の基本料金という料金体系となった。なお、新プランでは、KDDIの「IP-VPNサービス」、「RADIUS認証代行サービス」、「端末認証サービス」、「カスタマコントロールサービス」の利用が条件となっている(料金はCPA基本料金に含まれる)。同社では、小規模な企業ネットワーク構成でもリモートアクセスが手軽に利用できるとしている。

 初期工事費はアドレス設定関連工事費が5,250円、カスタマコントロール設定工事費が5,250円。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top