ワンセグ、おサイフケータイの利用率、この1年でほぼ倍増〜MMD研究所調べ | RBB TODAY

ワンセグ、おサイフケータイの利用率、この1年でほぼ倍増〜MMD研究所調べ

ブロードバンド その他

ワンセグ利用率
  • ワンセグ利用率
  • おサイフケータイ利用率
  • その他コンテンツ・サービスの利用率
 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は21日、「第7回 携帯コンテンツに関する利用動向調査」の調査結果を発表した。調査期間は2008年8月1日〜8月7日の7日間、「モンキータウン」「aimew」などのモバイル16サイトの協力のもと、2,040人(年代 10代以下:31.4%、20代:20.9%、30代:23.3%、40代:24.4%)から有効回答を得た。

 それによると、ワンセグ利用率、おサイフケータイの利用率がほぼ倍増していることが明らかとなった。

 ワンセグ利用率は今回調査で57.4%と約6割になり、昨年より3割増。「対応機種を持っているが利用したことがない」6.9%も存在したが、昨年8月の調査結果(第3回)と比較すると、持っている携帯電話が対応していないの回答が、約30%減少していることから、ワンセグ対応機種の普及により利用者率が増加したことが、伺えた。

 おサイフケータイ利用率は全体で「利用したことがある」が22.3%、「持っている携帯電話が対応していない」が19.0%、「対応機種を持っているが利用したことがない」が58.7%という結果となった。昨年8月の調査結果と比較すると、おサイフケータイの利用率は1割に対し、今回の調査結果では2割以上の結果となった。

 着せ替えツールの利用率は全体で「利用したことがある」が36.8%、「持っている携帯電話が対応していない」が41.1%、「対応機種を持っているが利用したことがない」が22.1%という結果となった。男女別に見てみると、女性では「利用したことがある」が約5割という結果となった。

 デコメールについては全体では「送ったことがある」が71.4%という結果となった。男女別に見てみると、8割以上の女性がデコメールを送ったことがあるという結果となった。
 一般的に、“最近のケータイは機能が多すぎ”という声を聞くことも多いが、実際の調査結果を見てみると、なんだかんだで、搭載されている機能は使ってみるという人が多いのが実状といったところだろう。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top