ロジテック、災害時などに便利なワイドFM対応でワンセグ視聴可能な小型ラジオ | RBB TODAY

ロジテック、災害時などに便利なワイドFM対応でワンセグ視聴可能な小型ラジオ

IT・デジタル その他

ワイドFM対応で2.8型液晶テレビを備えるワンセグラジオ「LTV-1S280P」
  • ワイドFM対応で2.8型液晶テレビを備えるワンセグラジオ「LTV-1S280P」
  • 2.8型液晶とワンセグチューナを搭載
  • USBでの給電にも対応する
 ロジテックINAソリューションズは22日、ワイドFM対応で2.8型液晶テレビを備えるワンセグラジオ「LTV-1S280P」を発売した。直販価格は9,241円。

 ワイドFM(FM補完放送)とは、AM(中波)ラジオが入りにくい所でFM(超短波)放送の周波数を利用してAMラジオを聴けるようした規格。AM放送の受信状態が悪い場合でも、ワイドFM(FM補完放送)を利用することでFM波によってAM放送を受信し、AM放送をクリアな音声で聴くことができる。情報を正確に知りたい災害時などに便利なポータブルラジオだ。受信周波数は、FMが76~95MHz、AMが504~1,710kHz。

 本体に2.8型液晶とワンセグチューナを搭載しており、ワンセグの視聴も可能。視聴可能な放送局をスキャンしてくれる「自動チャンネル設定」機能も備えている。

 電源は単3乾電池3本で、ワンセグで連続16時間、ラジオで連続26時間駆動が可能。mini USB端子を備え、USBでの給電にも対応する。LEDライト搭載で、停電時に緊急ライトとして使用することもできる。本体サイズは幅135mm×高さ92mm×奥行25mm、重量は約145g。mini USBケーブルが付属する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top