オール電化住宅の浸透度は低いが導入済みの人の8割は「満足」〜アイシェア調べ | RBB TODAY

オール電化住宅の浸透度は低いが導入済みの人の8割は「満足」〜アイシェア調べ

 アイシェアは20日、オール電化住宅に対する意識調査のまとめを発表した。

ブロードバンド その他
オール電化住宅への移行を考えていますか?
  • オール電化住宅への移行を考えていますか?
 アイシェアは20日、オール電化住宅に対する意識調査のまとめを発表した。

 同調査は、同社のサービス会員を対象に8月1日から4日まで実施したもの。有効回答数は312名。

 発表によると、オール電化住宅に移行したのは全体の7.1%と少数だった。男女別では、「すでにオール電化住宅にしている」は男性が9%、女性が4.8%、「機会があれば導入したい」は男性が16.2%、女性が11.7%といずれも男性が多い結果が出ている。一方、「導入は検討していない」は男性が53.3%、女性が58.6%で女性が多めと、女性より男性の方がオール電化住宅に積極的な意向を示した。年代別では、「機会があれば導入したい」は20代が8.8%、30代が12.3%、40代が18.7%、「導入は検討していない」は20代が67.6%、30代が55.6%、40代が54.9%と年代が高まるほど導入に積極的だった。

 「すでにオール電化住宅にしている」人の満足度は、「とても満足」が31.8%、「やや満足」が50%で、8割は満足していた。その理由を自由回答式で尋ねたところ、火を使わないので「安心」または「安全」と、電気代が「安い」との記述がほとんどを占めた。しかし、「導入を検討している」が1%、または「機会があれば導入したい」が14.1%と導入に積極的な回答者全体の2割に満たなかった。オール電化住宅導入のネックとしては、「導入費用」が37.9%でトップとなったほか、「ランニングコスト」も13.1%見られ、経済面の理由が半数を占めた。また、「手間・面倒」が16.7%、「天災時に不安」が13.6%、「火力不足」が7.4%あり、さらに「その他」と回答した約1割は「賃貸住宅だから」がほとんどだったが、「本当にエコなのか」と疑問視する意見も目についた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top