新放送サービス「i-dio」対応スマホ「i-dio Phone」、21日に発売 | RBB TODAY

新放送サービス「i-dio」対応スマホ「i-dio Phone」、21日に発売

IT・デジタル モバイル

「i-dio」対応スマホ「i-dio Phone」が21日に発売
  • 「i-dio」対応スマホ「i-dio Phone」が21日に発売
  • 新放送サービス「i-dio」は2016年3月からサービス開始
 V-Lowマルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」を運営するVIPは17日、同放送に対応するSIMフリースマートフォン「i-dio Phone」を21日に発売すると発表した。ビックカメラ全店舗(コジマ、ソフマップを除く)、ヨドバシカメラ一部店舗、 Amazon.co.jpで販売される。予想実売価格は約30,000円前後。

 「i-dio Phone」は、エフエム東京などが2016年3月から東京・大阪・福岡において開始するV-Lowマルチメディア放送「i-dio」を視聴できるSIMフリースマートフォン。コヴィア製で、ディスプレイは5インチ(720×1280ピクセル)のIPS液晶、OSはAndroid 5.1、1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、メモリ2GB、ストレージ16GBを搭載。カメラは800万画素/200万画素を備える。

 ネットワークはLTE/3G(W-CDMA)に対応。「i-dio」視聴には専用アプリが用意され、地上デジタルテレビ放送(ワンセグ)、FMラジオにも対応する。バッテリは3000mAhで、急速充電も装備する。本体サイズは高さ143.7mm×幅71.5mm×奥行10.6mm、重量は約158g。

 V-Lowマルチメディア放送とは、かつては地上アナログ放送が使用していたVHF-Low帯(99MHz~108MHz)を利用し、音声や映像、データ放送などを行う新放送事業。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top