IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器で高速に動作する暗号通信向け認証技術を開発したことを発表した。公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、従来方式と比較して約5分の1に短縮している。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)
従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. ローソン端末「Loppi」、ミニストップ全店へ設置……ローソンとイオンが協業

    ローソン端末「Loppi」、ミニストップ全店へ設置……ローソンとイオンが協業

  2. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

    【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  3. ドイツ地方裁判所がGarmin社によるパイオニア保有特許の侵害を認める

    ドイツ地方裁判所がGarmin社によるパイオニア保有特許の侵害を認める

  4. JPCERT/CC、日本国内で初めてCNA(CVE Numbering Authority)に認定

  5. iPodの鏡面仕上げを手掛けた71歳の磨き職人、今夜「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場

  6. またもバイトテロ……はま寿司、“ハサミ天ぷら”謝罪

  7. 富士通、印刷業界向けインキ削減ソフト「InkFit」新発売……CMYKの配合を最適化

  8. 三菱電機、NYタイムズスクエアに世界最大の4Kビジョン

  9. ネット広報の効果… PR TIMESによる記事閲覧数・訪問数測定サービス

  10. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top