IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器で高速に動作する暗号通信向け認証技術を開発したことを発表した。公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、従来方式と比較して約5分の1に短縮している。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)
従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

    DVDレンタルのゲオ、カード不要でスマホのみの会員認証が可能に……『ゲオアプリ』

  2. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  3. すき家バイト女子高生のわいせつ写真で、ゼンショーHDが警察に相談

    すき家バイト女子高生のわいせつ写真で、ゼンショーHDが警察に相談

  4. 【TOUGHBOOKレポート(ビデオニュース3)】TOUGHBOOKは本当に“タフ”なのか?

  5. 「ハローキティ」ケータイ第3弾!「831SH KT」発売

  6. 【SecurityDays2015 Vol.1】初期化されても位置情報を発信する盗難防止サービス

  7. アイ・システムのプログラム解析・可視化ツール「i-Tool」、VB6.0、C#、VBAに対応

  8. 360度のリアルタイム3Dイメージングが可能に……全方位レーザーライダー

  9. ブラザー、シースルー型ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter」の事業化を決定

  10. 電子お薬手帳アプリ「おくすりPASS」……達成率とグラフ表示できちんと服薬

アクセスランキングをもっと見る

page top