IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器で高速に動作する暗号通信向け認証技術を開発したことを発表した。公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、従来方式と比較して約5分の1に短縮している。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)
従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

    東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

  2. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  3. 【浅羽としやのICT徒然】第4回 NaaSを阻むネットワークの境界とSDN

    【浅羽としやのICT徒然】第4回 NaaSを阻むネットワークの境界とSDN

  4. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  5. ドコモ・NEC・パナソニックモバイル・富士通、全ての通信方式に対応可能なモデムを共同開発

  6. 【インタビュー】APT及川直彦氏……データと直感、ビジネス実験という考え方

  7. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  8. NSCドライブドクターの販売累計が1万台を突破

  9. 通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

  10. 【浅羽としやのICT徒然】第15回 最近話題のNFVについて考える

アクセスランキングをもっと見る

page top