IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器で高速に動作する暗号通信向け認証技術を開発したことを発表した。公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、従来方式と比較して約5分の1に短縮している。

エンタープライズ その他

関連ニュース

従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)
従来のTLS認証と今回開発された新方式のIDベース鍵交換TLSの認証手順の違い(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. デル、最大24%の消費電力削減を実現したブレードサーバ「PowerEdge M1000e/M600/M605」

    デル、最大24%の消費電力削減を実現したブレードサーバ「PowerEdge M1000e/M600/M605」

  2. クラウドストレージ市場予測、法人向け市場は伸長するも個人市場は微増

    クラウドストレージ市場予測、法人向け市場は伸長するも個人市場は微増

  3. ヤフー、話題のキーワードのランキングアプリ「話題なう」配信開始……ツイートデータを活用

    ヤフー、話題のキーワードのランキングアプリ「話題なう」配信開始……ツイートデータを活用

  4. オープンソースIP-PBX「Asterisk」の生みの親マーク氏が来日

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. BookLive、会員登録なしで利用できる電子書籍アプリ「Liveコミック」公開

  7. 三菱電機、NYタイムズスクエアに世界最大の4Kビジョン

  8. LINEのここがイヤ!……「LINE」認知度は98%、便利・不便な点も明らかに

  9. 【今週のエンジニア女子 Vol.22】ここだから出来る、独自の強みを提供したい……邉見萌乃さん

  10. ドローンによる事故を補償する新保険が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top