IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

IoT機器をより安全なものに……処理時間が従来比1/5の暗号通信向け認証技術 1枚目の写真・画像

 富士通研究所は、東京大学、東邦大学と共同で、IoT機器で高速に動作する暗号通信向け認証技術を開発したことを発表した。公開鍵暗号を利用した暗号通信方式TLSの認証処理時間を、従来方式と比較して約5分の1に短縮している。

エンタープライズ その他

関連ニュース

今回開発された技術の適用領域。IoT機器の課題となっていたセキュアな認証を可能にする技術となる(画像はプレスリリースより)
今回開発された技術の適用領域。IoT機器の課題となっていたセキュアな認証を可能にする技術となる(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 翻訳アプリの比較調査……音声認識や読み上げも評価

    翻訳アプリの比較調査……音声認識や読み上げも評価

  3. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  4. 本当に強い大学2012、ランキングTop300 週刊東洋経済

  5. 日立マクセルが家庭の電力などを管理するHEMSサービス「Hemlia」を本格展開

  6. 富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を販売開始

  7. サンフランシスコITベンチャー最新動向:プラットフォームビジネスが成功のカギ

  8. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  9. iPad用の授業支援システム「StudyLife」…キヤノンITSが販売

  10. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

アクセスランキングをもっと見る

page top