【画像】危険物質を検知・可視化するハイパースペクトラルカメラ (1/2)| RBB TODAY

危険物質を検知・可視化するハイパースペクトラルカメラ 1枚目の写真・画像

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

スタンドオフ型赤外線ハイパースペクトラルカメラ「HYPER-CAM」。遠隔監視でガスの種類まで特定することが可能。システムの価格は億単位。航空機搭載プラットフォームなども用意されている(撮影:防犯システム取材班)
スタンドオフ型赤外線ハイパースペクトラルカメラ「HYPER-CAM」。遠隔監視でガスの種類まで特定することが可能。システムの価格は億単位。航空機搭載プラットフォームなども用意されている(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  2. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

    NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  3. 半導体チップの偽造を防ぐ「ICの指紋」、産総研が低コスト化に成功

    半導体チップの偽造を防ぐ「ICの指紋」、産総研が低コスト化に成功

  4. ソニー、世界遺産を楽しむタイムシフトUI搭載アプリ『“α”CLOCK for Mobile』公開

  5. NTT、世界最高レベルの動画圧縮エンジンを開発……「H.265/HEVC」に準拠、4K活用などに期待

  6. 最大900mまで延長可能なPoEインジェクタ内蔵のPoE(+)延長装置「MaxiiPower」シリーズが登場

  7. 営業車の現在地を把握……定額制GPS位置情報管理サービス

  8. リコー、持ち運び可能なビデオ会議システム「P3000」発売

  9. シスコシステムズ、株式会社から合同会社へ

  10. 5Gでは通信速度10Gbpsに……ノキアとNIが5G Summitでデモ

アクセスランキングをもっと見る

page top