無人監視と異常検出通知を行う監視カメラシステム……JVCケンウッドと日本IBM | RBB TODAY

無人監視と異常検出通知を行う監視カメラシステム……JVCケンウッドと日本IBM

エンタープライズ セキュリティ

「インテリジェントセキュリティシステム」の動作イメージ。監視カメラからの映像解析をIVAが行い、人の目による常時監視が不要になる。異常発生時には、人が対応する形になる(画像はプレスリリースより)
  • 「インテリジェントセキュリティシステム」の動作イメージ。監視カメラからの映像解析をIVAが行い、人の目による常時監視が不要になる。異常発生時には、人が対応する形になる(画像はプレスリリースより)
  • JVCケンウッドと日本IBMの協業により生まれたソリューションで、監視装置や発報装置にJVCケンウッドの製品を使用する。監視カメラシステムをより効率的に運用できるようになる(画像はプレスリリースより)
 JVCケンウッドは8日、日本IBMと協業で無人での自動監視から異常検出までを行う「インテリジェントセキュリティシステム」の技術開発を完了し、受注を開始した。

 「インテリジェントセキュリティシステム」は、日本IBMが開発した画像解析技術「IVA(インテリジェント・ビデオ・アナリティクス)」とJVCケンウッドの機材を連携させたソリューション。JVCケンウッド製の監視カメラや記録装置を使ってライブ監視・映像記録を行ったものをIVAに掛け、画像の解析・分析を行う。IVAが異常を感知した際には、JVCケンウッド製の無線機や、スマートフォン、監視モニターなどへ異常の通知が行われる。

 画像解析を自動化したことで、映像を確認するための監視員は不要に。無人でのシステム運営により、24時間のリアルタイム監視ができる。IVAの自動解析は大きさ、速度、軌跡、色、時刻、時間、形状の指定と、人物か車両かといった対象物の指定が可能。例えば、徘徊する人の検出や、異常行動をする人の特定、駐車場の混雑検出、迷子の捜索などが行えるという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top