SaaS提供で導入が容易になった富士通の安全管理支援ソリューション | RBB TODAY

SaaS提供で導入が容易になった富士通の安全管理支援ソリューション

IT・デジタル セキュリティ

センサーデバイスは手首に装着するタイプなので作業の邪魔にならない。独自のアルゴリズムでセンサー情報を解析し、何か異常を検知すると管理者にアラーム通知で知らせる(画像はプレスリリースより)
  • センサーデバイスは手首に装着するタイプなので作業の邪魔にならない。独自のアルゴリズムでセンサー情報を解析し、何か異常を検知すると管理者にアラーム通知で知らせる(画像はプレスリリースより)
  • 作業者状況把握機能が強化され、遠隔管理者は現場ごとの状態をWebアプリケーションで俯瞰的に確認することができるようになった(画像はプレスリリースより)
  • 他にもこれまでの実証実験で得られたデータを活かし、作業グループの設定など、より現場に即した運用や管理が可能になった(画像はプレスリリースより)
 富士通は12日、IoTで現場を見守る「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」の機能を強化し、2月上旬よりSaaSで提供を開始すると発表した。

 本ソリューションは、熱中症の発生や作業者の状態を把握することが難しい建設業や製造業などの現場において、作業者の体調や位置情報を遠隔で把握することができるというもの。

 作業者に装着したセンサーデバイスで温・湿度やパルス数(拍数/分を推定)をセンシングし、独自のアルゴリズムで分析・解析を行う。これにより一人ひとりの熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定し、管理者へアラーム通知することで、作業者への休憩指示や万一事故が発生した場合の迅速な対応等、適切な安全管理を実現できる。加速度や気圧のセンシングにより転倒・転落の検知も可能だ。

 今回の機能強化では、作業者状況把握機能の向上、作業グループの設定・管理機能の追加、データ出力機能の追加等、ソリューションの機能を強化。さらにSaaSで提供することにより、運用に必要なアプリケーションなどユーザー側でのシステム開発が不要となり、導入がより容易になった。サービス提供時期は2月上旬で、販売価格は個別見積となる。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

編集部のおすすめ記事

特集

page top