小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 2枚目の写真・画像

 3項以上からなる四則計算(たし算、ひき算、かけ算、わり算)の問題において、かっこがある問題に比べ、かっこがない問題では正答率が低下する傾向にあることが、日本数学検定協会の調査により明らかになった。

エンタープライズ その他

関連ニュース

4項目の四則計算(かっこがない問題)
4項目の四則計算(かっこがない問題)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 毎日2台以上の異なるデバイスを利用している人は約4割……ヤフー調べ

    毎日2台以上の異なるデバイスを利用している人は約4割……ヤフー調べ

  2. 東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

    東京メトロ、全線で携帯電話が利用可能に……21日に全工事が完了

  3. 1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

    1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

  4. 15年の長寿命バッテリを備えたタフで安価なセンサー調光型ソーラーLED照明

  5. 総務省の“実質0円撲滅”で「中古スマホ市場」にも影響!? 業界最大手ゲオに聞いてきた

  6. 富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」を販売開始

  7. 横浜市金沢区の「緊急時情報伝達システム」実証実験にビートレンドが参加

  8. 読売新聞、「発言小町」Androidアプリを公開……トピ・レス丸ごとダウンロードなどが可能

  9. スマホやタブレットを合い鍵代わりに!……スマートロック「Ninja Lock」

  10. 東大理学部の公開講演会「三者三様 理学が挑む」 11月4日

アクセスランキングをもっと見る

page top