小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 2枚目の写真・画像

 3項以上からなる四則計算(たし算、ひき算、かけ算、わり算)の問題において、かっこがある問題に比べ、かっこがない問題では正答率が低下する傾向にあることが、日本数学検定協会の調査により明らかになった。

エンタープライズ その他

関連ニュース

4項目の四則計算(かっこがない問題)
4項目の四則計算(かっこがない問題)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

    ICカード&暗証番号認証付きスマートロックの数々……セキュリティや利便性向上で注目

  2. 農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

    農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

  3. 2015年上半期のスマホアプリ、「Instagram」が昨年より6.6ポイント利用者増

    2015年上半期のスマホアプリ、「Instagram」が昨年より6.6ポイント利用者増

  4. 監視カメラで人間の精神状態を可視化……防犯監視システム「DEFENDER-X」

  5. 信州・諏訪地域の技術が集結!「諏訪圏工業メッセ2015」が15日開幕

  6. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  7. IoTと顔認証技術を活用した「高齢者見守りサービス」の実証実験を開始

  8. 1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

  9. 金属や布地の質感をプリント再現……キヤノン、「質感画像処理技術」を開発

  10. ゲリラ豪雨に対応するアルミ製止水板を文化シヤッターが発売

アクセスランキングをもっと見る

page top