小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

小学校4・5年生程度の数学検定、かっこのあるなしが正答率に大きく影響 1枚目の写真・画像

 3項以上からなる四則計算(たし算、ひき算、かけ算、わり算)の問題において、かっこがある問題に比べ、かっこがない問題では正答率が低下する傾向にあることが、日本数学検定協会の調査により明らかになった。

エンタープライズ その他

関連ニュース

かっこがある問題とかっこがない問題の正答率の比較
かっこがある問題とかっこがない問題の正答率の比較

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 消耗しない転職活動……転職コンシェルジュという考え方

    消耗しない転職活動……転職コンシェルジュという考え方

  2. 【深掘り!#002】カギ業界の最新トレンド「スマートロックの今」

    【深掘り!#002】カギ業界の最新トレンド「スマートロックの今」

  3. 女子高生が生みの親!? 金沢市発祥の人気メロンパンアイス誕生秘話

    女子高生が生みの親!? 金沢市発祥の人気メロンパンアイス誕生秘話

  4. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  5. ソフトバンク、MVNOを本格展開へ……新会社「SBパートナーズ」設立

  6. 入床・入眠・離床を把握して介護をサポートする睡眠見守りセンサー

  7. 農業IT化の市場規模、2020年に9倍…クラウドは28倍

  8. 住宅用ガレージシャッター「エレガノ STワイド」が三和シャッターより登場

  9. タブレット端末を利用した「手のひら静脈ハイブリッド認証SDK」

  10. JR西日本、夏季期間の乗客数が大幅アップ

アクセスランキングをもっと見る

page top