慶大、一般的なパソコンとUSBカメラで表情を操作できるアバターシステムを開発 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

慶大、一般的なパソコンとUSBカメラで表情を操作できるアバターシステムを開発 2枚目の写真・画像

 慶應義塾大学(理工学部システムデザイン工学科)満倉靖恵准教授らの研究グループは23日、一般的なPCとUSBカメラ1台だけを用いて、人間の顔の向きや表情の変化を高速・高精度に計測する手法の開発に成功したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

関連ニュース

アバターシステムの動作結果(モデル:天羽ソラ(C)ISAO)
アバターシステムの動作結果(モデル:天羽ソラ(C)ISAO)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. オンラインゲームよりオークションが10倍以上の標的に! 〜 警察庁、不正アクセスの現状を発表

    オンラインゲームよりオークションが10倍以上の標的に! 〜 警察庁、不正アクセスの現状を発表

  2. 富士通、グローバルサーバ「GS21シリーズ」の新モデルを販売開始

    富士通、グローバルサーバ「GS21シリーズ」の新モデルを販売開始

  3. 前代未聞! 情報処理学会、日本将棋連盟に「挑戦状」を叩き付ける!

    前代未聞! 情報処理学会、日本将棋連盟に「挑戦状」を叩き付ける!

  4. 緊急時に担架にできるベンチ「レスキューボードベンチ」

  5. ヨドバシカメラ、ゲームソフトの予約が全額前金制に

  6. 日本SGI、共有メモリ型スパコン群「SGI UV 2製品ファミリー」を発売

  7. アバイア、エージェントの座席表・稼働状況を「見える化」したコンタクトセンター向けアプリ

  8. WIDEプロジェクトとISC、東芝と共同でBIND9の高性能化を完了 -従来比2.1倍の性能を実現

  9. 次世代モビリティ市場、立ち乗り二輪が2030年に55倍に

  10. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top