パナソニック、45gでタフな一体型ウェアラブルカメラ「HX-A1H」 | RBB TODAY

パナソニック、45gでタフな一体型ウェアラブルカメラ「HX-A1H」

IT・デジタル デジカメ

防水、防塵、耐衝撃、-10度までの耐寒に対応するタフ設計の「HX-A1H」
  • 防水、防塵、耐衝撃、-10度までの耐寒に対応するタフ設計の「HX-A1H」
  • カラーはオレンジとブラックの2色
  • キャップを外すとmicroUSB端子が現れる
  • 側面に操作スイッチ類を備える
 パナソニックは14日、重量約45gの小型・軽量を実現した一体型ウェアラブルカメラ「HX-A1H」を発表した。発売は5月21日で、予想実売価格は30,000円前後(税別)。

 同社初のケーブルがない一体型ウェアラブルカメラ。重量約45gと小型・軽量で、左右どちら側にも装着可能で頭部への負担も少ないヘッドマウントが同梱される。また、ハウジングなしで水深1.5mで30分までの撮影が可能な防水のほか、防塵、耐衝撃、-10度までの耐寒に対応するタフ設計となっている。「0ルクスナイトモード」用のガラスカバーも付属しており、市販品の赤外線(IR)ライトを使えば、0ルクスの真っ暗闇での撮影が可能。

 W-Fi機能も標準搭載しており、専用アプリ「Panasonic Image App」を使えばスマートフォンをライブビューリモコンとして利用できる。「ワイヤレス ワイプ撮り」機能に対応ビデオカメラとの連携でワイプ撮りも行える。microUSB端子も装備しており、充電のほかPCと接続して「WEBカメラ機能」、長時間撮影したうち最後の約1時間の動画を記録する「ループ記録モード」、「スローモーションモード」も備える。

 主な仕様は、撮像素子が有効画素数約287万画素(動画時)の1/3型MOS、動画は最大1,920×1,080/30pに対応。F値がF2.8、画角が最大約150度、最短撮影距離が約30cm。記録メディアにはmicroSD/SDHC/SDXCカード。バッテリは480mAhで、本体サイズは幅26.0mm×高さ26.0mm×奥行83.1mm。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top