オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用 | RBB TODAY

オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

エンタープライズ セキュリティ

顔認証システム「Ma:sus(マーサス)」の画面。出入り口に設置したカメラで入退店を把握する
  • 顔認証システム「Ma:sus(マーサス)」の画面。出入り口に設置したカメラで入退店を把握する
  • 本人や家族から申請のあった顧客を登録。メールの送信はそれぞれの顧客に合わせた対応が可能だ
  • 店舗(パチンコホール)側から過度なのめり込みへの歯止めをかけられるシステムとなる
  • 「Ma:sus」には他にもVIP顧客やゴト行為を行うような要注意人物を検知する機能を持つ
 オムロンアミューズメントは、17日・18日に東京ビッグサイトで開催された「パチンコ・パチスロイノベーションフェア2015」にて、顔認証システム「Ma:sus(マーサス)」を用いた「のめり込み防止ソリューション」を参考出展した。

 「Ma:sus」は店舗の入り口に設置したカメラによる顔認証システムで、防犯対策や顧客分析を目的としたもの。今回はその応用例の1つとして「のめり込み防止」機能の展示を行った。

 本人や家族から申請のあった顧客の顔を登録しておくと、顔認証システムで対象者の来店を店側へ通知。来店頻度や滞在時間を把握できる。さらにメールアドレスを登録しておけば、本人や家族にのめり込み防止を促すメール配信をすることも可能という仕組みだ。今回は参考出展だが、要望があれば数か月で製品化も可能とのこと。

 本機能の母体となる顔認証システム「Ma:sus」は、パチンコ・パチスロ店などのアミューズメント施設で広く採用されており、ユーザーインターフェースもパチンコホールでの利便性に特化した作りになっている。豊富な実績を元にしたデータ分析と高い認証制度があり、ゴト対策などの防犯用途として、顔認証を元に性別や年齢データを集計・分析した顧客分析も行えるシステムだ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top