慶大、一般的なパソコンとUSBカメラで表情を操作できるアバターシステムを開発 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

慶大、一般的なパソコンとUSBカメラで表情を操作できるアバターシステムを開発 1枚目の写真・画像

 慶應義塾大学(理工学部システムデザイン工学科)満倉靖恵准教授らの研究グループは23日、一般的なPCとUSBカメラ1台だけを用いて、人間の顔の向きや表情の変化を高速・高精度に計測する手法の開発に成功したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

関連ニュース

カメラから取得した画像と顔の検出結果
カメラから取得した画像と顔の検出結果

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】マイナンバーカードの再発行はできる?写真はずっと同じ?<個人編>

  3. JR東日本、被災した線区の復旧状況と大規模地震対策を発表

    JR東日本、被災した線区の復旧状況と大規模地震対策を発表

  4. インターネット産業のGDP貢献額は約42兆円、国内産業で第4位…NRI・Google共同調査

  5. ビーコンを活用した安否確認システム……YCC情報システムがデンソーと共同開発

  6. NECモバイル、3月24日で解散……NECは債権1千億円を放棄

  7. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  8. 日本HP、最新インテルXeonプロセッサーE7ファミリー搭載の「HP ProLiantサーバ」3機種を発売

  9. 【地域防犯の取り組み】千葉県香取市、市内の防犯灯6,199灯のLED化工事を開始

  10. ぷらっとホームとプラムシステムズ、高機能UTM「Endian UTM」のオンライン販売を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top