富士通研、ARMコアCPUの動作を忠実に高精度で再現できるシミュレーション技術を開発 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研、ARMコアCPUの動作を忠実に高精度で再現できるシミュレーション技術を開発 3枚目の写真・画像

 富士通研究所は13日、携帯電話や電子機器のCPUなどで広く使われている「ARMコア」を利用したシステムを対象に、シミュレーション実行時にハードウェア上での動作を実時間精度で忠実に再現できる、世界最高速のシミュレーション技術を開発したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ

関連ニュース

今回の実時間動作シミュレーション込みのJITコンパイル処理の流れ
今回の実時間動作シミュレーション込みのJITコンパイル処理の流れ

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

    最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  3. 「防犯防災総合展 in KANSAI 2015」がインテックス大阪で本日より開催

    「防犯防災総合展 in KANSAI 2015」がインテックス大阪で本日より開催

  4. 対応鍵がさらに拡大!「Qrio Smart Lock」の追加パーツ発売へ

  5. NTTデータ ビズインテグラル、SaaS/クラウド対応型業務アプリ「Biz∫」を発表 〜 日本初のSOA+BPMベース

  6. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

  7. 【視点】老舗旅館を立て直す、“おもてなし”の新たな形

  8. アニエスベー、伊勢丹でパリジェンヌの優雅な休日を提案

  9. 1円単位で額面を選べる「Amazonギフト券 バリアブルカード」、コンビニで販売開始

  10. ビーコンで顧客の動きを可視化する行動分析システム「TMA2.0」

アクセスランキングをもっと見る

page top