ARM、自動運転視野に次世代画像処理プロセッサー発表 | RBB TODAY

ARM、自動運転視野に次世代画像処理プロセッサー発表

IT・デジタル モバイル

ARMの次世代画像処理プロセッサーの車載イメージ
  • ARMの次世代画像処理プロセッサーの車載イメージ
英国に本拠を置くARM社は4月25日、自動運転向けの次世代画像処理プロセッサーを発表した。

自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)には、高度な画像処理能力が求められる。複雑なカメラは、過酷な条件下で迅速に画像の処理と分析を行うだけでなく、厳しい自動車用安全規格を想定した設計であることも必要。

このようなニーズに対応して、ARMが発表した画像信号プロセッサーが、「Mali Camera」ファミリー最初の製品、ARM「Mali-C71」。過酷な条件下で複数のカメラを管理する高度な画像処理能力をはじめ、厳しい自動車用機能安全規格に適合するように開発された。

Mali-C71は、車載環境の厳しい光や気候の条件に対応。これにより、電子ミラー、眠気検知、歩行者保護システムなどの新しいADASアプリケーションを、正確に作動させることができる。

ARM社は、「技術の進歩に伴い、車は、ドライバーズエクスペリエンスを変え、本格的な自動運転を実現する華やかな革新の舞台となるだろう」と述べている。

次世代画像処理プロセッサー発表、自動運転用…英ARM

《森脇稔@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top