新幹線の次期車両「N700S」、2020年より投入……全席にコンセント設置など | RBB TODAY

新幹線の次期車両「N700S」、2020年より投入……全席にコンセント設置など

IT・デジタル ハードウェア

モバイル用コンセントを増設
  • モバイル用コンセントを増設
  • N700Sでは、新開発の「デュアル スプリーム ウィング形」と呼ばれる形状を採用
  • 機器監視、車内監視も強化
 JR東海は24日、“次期新幹線車両”に向け、確認試験車の製作に着手したことを発表した。次期車両の名称は、東海道・山陽新幹線車両として定着している「N700」に“Supreme(最高)”の「S」を付けた「N700S」。2018年3月に完成させ、2020年度を目途に投入を目指す。

 確認試験車は、次期営業車両に反映する新技術の最終確認を行うためのもの。車両の機能としては、ATCとブレーキシステムを改良し、地震時のブレーキ距離をさらに短縮するほか、低損失かつ高温下での動作が可能な次世代半導体「SiC(炭化ケイ素)素子」を採用するなどして、駆動システムの大幅な小型・軽量化を目指す。

 車両形状も、N700系の形状を踏襲しつつ、進化させた先頭形状「デュアル スプリーム ウィング形」を採用。騒音や走行抵抗の低減を図る。また、車両搭載機器の状態監視機能を強化。同時に、車内での異常事態に、車内防犯カメラのリアルタイム画像で確認するなど、セキュリティを向上させる。

 そして、グリーン車の全座席に設置していたモバイル用コンセントを普通車の全座席にも設置し、モバイル環境をさらに充実させるという。コンセントは、座席のひじかけ部分に設置される模様。ノートPC利用やスマホ充電がはかどりそうだ。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top