【NHK紅白歌合戦】氷川きよし、今年のステージは「限界突破で“アタシらしく”輝く!」 | RBB TODAY

【NHK紅白歌合戦】氷川きよし、今年のステージは「限界突破で“アタシらしく”輝く!」

エンタメ その他
氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
  • 氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
  • 氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
  • 氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
  • 氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
  • 氷川きよし【撮影:小宮山あきの】
 歌手の氷川きよしが28日、都内で行われた『第70回NHK紅白歌合戦』の音合わせ後に、囲み取材に応じた。

 今年で20回目の紅白出場となる氷川は「紅白限界突破スペシャルメドレー」を披露する。

 音合わせを終えたばかりの氷川は、「70回という素晴らしい節目で、自分が20周年という年に出させていただいて、感謝の気持ちでいっぱいですし、今回演出がすごいことになるので、リハーサルではすごく緊張して、手が震えてきました」とコメント。当日の衣装については「言えないんですけど、紅組のような白組のような、皆さんが期待していらっしゃるイメージです」とにっこり笑みを浮かべた。

 今年は氷川きよしならぬ、“きいちゃん”としてインスタグラムを開設し、女性的なメークや妖艶な衣装などの“ありのままの姿”を発信し、注目を集めた氷川。

 現在の姿に至った経緯について、氷川は「もっと自分らしく、自分のイメージをぶち壊したいという思いがあって。今までの氷川きよしはバックボーンとして毎日一生懸命、頑張ってきたんですけど、時代も変わって、ありのままで自分らしく、ジャンルにとらわれないでやりたいなと思いました」と告白。

 「いつか“限界突破”(した姿)で紅白に出られたらいいな、本当の自分を表現したいって、今年の初めから思っていて、そんな一年でした」と今年を振り返った。

 その後も、自身の生き方について熱い思いを語った氷川。「もっと自分の中に持っているものや才能を活かせられたらいいなという思いで『限界突破』を歌ってきたし、
自分自身と戦ってきたので、若い人たちにも負けないで一緒に頑張ろうねっていう思いで、使命感を感じています」とコメント。

 「美容のこととかが子どもの頃から好きなので、日本はそれはダメだっていう傾向性があるけど、それを伸ばしてあげたい。自分の命を大事にしていくアーティストでありたいなと思うし、もっと楽しんで歌いたいです」と声を弾ませた。

 今年の集大成となる紅白のステージについては、「“アタシらしく”っていう感じですね。紅組でもあり白組でもあり、きいちゃんの今年の集大成です」と笑顔を弾けさせ、「より自分らしくありのままで紅白歌合戦で輝きますので、それを見て皆さんも考えていってください。私は自分に負けません」と力強く語った。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top