千鳥ノブ、加藤浩次に「エージェント契約のことを聞きたい!」と熱望するも、博多華丸が阻止! | RBB TODAY

千鳥ノブ、加藤浩次に「エージェント契約のことを聞きたい!」と熱望するも、博多華丸が阻止!

博多華丸・大吉、千鳥の大悟とノブが19日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系 新番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』の収録後に囲み取材に応じた。

エンタメ その他
千鳥・ノブ【撮影:小宮山あきの】
  • 千鳥・ノブ【撮影:小宮山あきの】
  • 博多華丸・大吉、千鳥(ノブ、大悟)【撮影:小宮山あきの】
  • 博多華丸・大吉、千鳥(ノブ、大悟)【撮影:小宮山あきの】
  • 博多大吉【撮影:小宮山あきの】
  • 千鳥・大悟【撮影:小宮山あきの】
  • 博多華丸【撮影:小宮山あきの】
 博多華丸・大吉、千鳥の大悟とノブが19日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系 新番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』の収録後に囲み取材に応じた。

 人気お笑いコンビ・博多華丸・大吉と千鳥がMCを務める同番組は、ゲストから誰かに話したくなるようなテッパン(=絶対に面白い)の話を聞きだすトークバラエティ(10月29日午後10時~放送スタート)。初回はゲスト女優の吉田羊が“テッパンモノマネ”を披露する。

 第一、二回放送分の収録を終えた大吉は、「僕らも千鳥も遅咲きで、僕らは売れ出したのが40歳超えてからなので、そういう二組で火曜の10時が任されるのは、すごい時代が来たなあと思います」と感慨深げにコメント。後輩・千鳥の印象について、「収録していても二人の掛け合いで一個一個、笑いが取れるし、こっちも笑っちゃうので、僕たちは本当に楽しいですね」と話した。

 対するノブは、博多華丸・大吉の印象について「日本の朝の顔ですから。日本の太陽、朝日みたいなもんですから、僕らは本当に適当なことを言ってるだけなんですけど、おんぶに抱っこで、どんなに逸脱してもまとめていただけます」と、NHKの朝の番組司会を務める博多華丸・大吉の安定感を絶賛。

 ボケの華丸については、「一人だけ種目が違いますね。野球やのに、一人で砲丸を投げてるから、ボケが一個一個重い」と印象を語ると、大悟も「テレビを見てるときに、テレビの前でオジサンがこんなこと言ってるんだろうなあ、ということを、そこ(スタジオ)で言うから楽しい」と話して、笑いを誘った。

 番組名にちなみ、「テッパンの見どころは?」と聞かれたノブは、「僕と大悟は、一流女優さんとか俳優さんとトークをあまりしたことがないので、デリカシーなく『どんな男と飲んでまんの?』とか聞いてしまうんですよ。そういう面では、普段女優さんが隠そうとしてる顔とかリアクションが、こぼれ出たらいいなと思います」とコメント。

 「会ってみたいゲストや聞いてみたいテッパン話は?」との問いに、「今、一番聞きたい話は、極楽とんぼの加藤(浩次)さん。エージェント契約とは何ぞや、という話をガッツリ聞きたいですね。日本芸能界初じゃないですか」と加藤の名をあげると、先日、加藤の番組に出演したという華丸は、即座に「危険よ、危険……」とこれを阻止。「やっぱり聞けない空気があるのよ。前室でゆっくり喋る時間とあるけど、それ以外の話で行こうって、みんなで一致団結してた」と楽屋での空気感を暴露する一幕もあった。

 現状では、スタジオ収録のみというMCの4人。「ロケに4人は出るか」という話題になると、大吉は「いよいよ番組(の視聴率)がヤバいぞってなったら、4人で街ブラロケに出ます。(地元の)博多と岡山、それぞれの地域で街ブラのロケチャンピオンと呼ばれた我々の実力を出したいと思います。僕らが街に出だしたら、番組が終わるな、危険信号が灯ったなと思ってください」と自虐トークを繰り広げると、ノブも「その時は、我々の(ロケの王者としての)必殺技を出します」と応じて、笑わせていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top