岡村隆史、大河撮影の現場ふり返り本音「えらいの引き受けた」「誰も失敗しない」 | RBB TODAY

岡村隆史、大河撮影の現場ふり返り本音「えらいの引き受けた」「誰も失敗しない」

ナインティナインの岡村隆史が22日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、来年1月から放送開始となる大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の撮影について語った。

エンタメ その他
岡村隆史【撮影:小宮山あきの】
  • 岡村隆史【撮影:小宮山あきの】
 ナインティナインの岡村隆史が22日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、来年1月から放送開始となる大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の撮影について語った。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 同作は明智光秀の障害を描くストーリーで、岡村は光秀が美濃で出会う三河出身の農民・菊丸を演じる

 岡村は大河の撮影について「今までは(主演の)長谷川さんや門脇麦さんとちょっと絡んだりぐらいの感じやったんですけど、いよいよ堺正章さん、沢尻エリカさん、染谷(将太)くんあたりの画角に見切れ出しましたよ!」と、ほかの役者と絡むことも多くなってきたことを報告。

 現場の緊張感も高まってきたようで、「怖いですよ、ああいう現場は。ピリッとする」と岡村。沢尻の顔が見られなかったことも明かし、「農民やからキャラクター的に下を向いとかなあかんから下を見てたんやけど、待ちの時間も俺ずっと下を向いたままやもん。見たらあかんもんちゃうかって」と沢尻の演技力に驚愕したことを告白。

 長回しで撮影する大河の手法にもプレッシャーを感じているといい、「シーン全部(長回しで)撮んねん。えらいことやで。誰も失敗しない」「俺もえらいの引き受けたなぁと思った」と、あらためて大河ドラマ出演の重圧を吐露した。

 また、岡村は吉本興業の藤原寛副社長が差し入れを持って現場の見学に来たというエピソードも紹介。藤原福社長は大きな紙服を2つ持って現れたそうで、岡村は「吉本からですよ。どっから買ったやつか分かりませんから気をつけてくださいね。反社から買ってるかもわかりません」「いやいやいや!」と共演者らと闇営業騒動をネタにしたやり取りがあったことを明かした。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top