専属トレーナーがオンライン指導、「ソネトレ」開始……スポーツデバイス連動も | RBB TODAY

専属トレーナーがオンライン指導、「ソネトレ」開始……スポーツデバイス連動も

ブロードバンド その他

「デイリー応援メッセージ」画面イメージ
  • 「デイリー応援メッセージ」画面イメージ
  • 「マンスリーアドバイス」画面イメージ
  • 「ソネトレ」サイトトップページ
  • トレーニングメニューの目的別一覧
  • スマホアプリ画面
  • 「Smart B-Trainer」との連動も
 徐々に広がりつつある、インターネットを活用したスポーツトレーニングサービス。たとえばドコモは2014年に「Runtastic for docomo」を開始、ソフトバンクは2015年にライザップとの提携を発表している。

 近年は、スマホやウェアラブルとの連動、ビッグデータによる解析なども採り入れられ、より高度化しているが、さらに新たなサービスが登場だ。今回ソネットは24日より、専属トレーナーによるオンラインパーソナルトレーニングサービス「ソネット パーソナルトレーニング(略称:ソネトレ)」の提供を開始した。利用料金は、基本サービスが月額2,500円(パーソナルプログラム作成、マンスリーアドバイス料含む)。

 「ソネトレ」は、自宅で専属トレーナーのサポートを受けられるサービス。カウンセリングに基づいて、目的別にトレーニングメニューを作成し、解説付きの動画として提供する。BodyQuest代表の森俊憲氏をはじめ、「筋トレ」「ヨガ」「姿勢」「コンディショニング」など、それぞれの得意分野を持つトレーナーから、担当トレーナーを指名でき、 オンラインで継続的に指導・サポートが受けられる。

 毎日、専属トレーナーから「デイリー応援メッセージ」が届くと共に、毎月の進捗に合わせた詳細な「マンスリーアドバイス」(次のステップの指導、新メニューの提案等)も行われる。トレーニングは、スマートフォンで動画を見ながら、時間・場所の制約なしに実施・記録が可能。相談や質問にも随時回答するオプションサービスも用意されている。

 4月下旬からは、ソニーのヘッドホン一体型スポーツデバイス/アプリ「Smart B-Trainer」との連携も開始。Smart B-Trainerアプリから走行距離や消費カロリー、心拍数などのトレーニングデータを自動的に「ソネトレ」に転送可能となる。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top