NMB須藤凛々花「処女です」……“枕営業”疑惑キッパリ否定し反響 | RBB TODAY

NMB須藤凛々花「処女です」……“枕営業”疑惑キッパリ否定し反響

エンタメ ブログ

NMB須藤凛々花のツイート
  • NMB須藤凛々花のツイート
  • NMB48(写真は2014年8月のもの)
 アイドルグループ・NMB48の新センターを務める須藤凜々花が、“枕営業疑惑”に対して「処女です」とキッパリ宣言し、反響を呼んでいる。

 須藤は2013年11月の「第1回AKB48グループ ドラフト会議」で1巡目に指名されてNMBに加入し、2015年3月に発売されたシングル「Don't look back!」ではドラフト生として初めて選抜メンバーに選出。そして同年7月に発売されたシングル「ドリアン少年」ではセンターに抜擢された。また、最近ではバラエティ番組への出演も増えている。

 そうした躍進に、一部のアンチなどから“枕営業”を疑う声もあったようだ。須藤は17日にTwitterで、「バカを見たって枕ぽんと言われたって正直でいますぜ。 一生懸命、美しい嘘で塗り固めて生きたってどうせ死ぬんだから。 経験はありません。処女です」と疑惑をキッパリ否定し、“処女宣言”した。

 この発言に、「ロックだねぇ~…こいつぁ~!」「えっマジ?アイドル史上初めてだよ」「かっこいいじゃないか。 たった今、 応援していくことを決めた」と驚きの声が多数あがり、またその一方では「りりぽん、それはダメだ、 正直は正しいとは限らない、アイドルは虚像なのだから、 他を傷つけてしまうよ」といった声が寄せられた。また、須藤自身もこの発言によってスタッフなど“大人たち”に怒られることを覚悟したが、「それでも私は懸命に今を生きる。 枕ぽんと言われたまま死んじゃったら嫌だからね」と強い信念を示した。

 グループ内でも反響を呼び、吉田朱里は「正直に生きればいいよ」とエール。井尻晏菜は「大人は怒る生き物だよ 怒られて大人になるからね! それでも頑張るりりぽんはもっと大人!」と称賛した。
《花》

関連ニュース

特集

page top